【Web講座】臼井流「最高の結果を出す人の話し方」

この記事をはてなブックマークに追加 この記事をmixiチェックに追加
印刷
2016/1/6  (1/4ページ)

 なんとなく人間関係がしっくりいっていなかった人でも、相手から「ありがとう」「ありがとうございます」と声を掛けられると、つい笑みが浮かびます。

「ひょっとするとこの人とは気が合うのかもしれない」

 と感じることもあるでしょう。

 「ありがとう」を口にするほど幸せになれるとか、「ありがとうは魔法の言葉」などといわれますが、あなたは普段どのように伝えていらっしゃいますか?

 恥ずかしかったり、照れくさかったりで、素直に伝えられないときもあるでしょう。頻繁に顔を合わせている人には、妙に改まった感じがして、語尾が消え入りそうに「ありがとう……」とか、目を合わせずにただ「ありがとう」と言ってしまった経験をお持ちの方もいらっしゃるのではありませんか?

 心の中だけで感謝をしていても、相手には伝わりません。謝意は声に表してこそ伝わるもの。そこで今回は、知っているようで意外と知らない「ありがとう」の伝え方についてお話しさせていただきます。

>> あなたの「ありがとう」は伝わっていますか?

<< >>
バックナンバー

この連載の一覧
著者プロフィール

この著者の連載一覧

  • 【Web講座】臼井流「最高の結果を出す人の話し方」