【Web講座】臼井流「最高の結果を出す人の話し方」

目に口よりものを言わせる方法

 会話とは、「言葉のキャッチボール」だけを、意味するのではありません。身振りや手振り、表情で喜怒哀楽の感情や、数字を伝えることもできます。中…

人と人との「間」、会話の「間」を意識していますか?

 人間関係は文字通り、人と人が適度な「間」を置くことでうまくいきます。「間」とは、縄張り意識ともいえる「パーソナル・スペース」と、会話の「間…

「苦手な人」でも上手に付き合うために

 誰にでも苦手な人はいるものです。いさかいがあったとか、嫌な思いをさせられたという経験がなくても、何となく性に合わず、苦手ということはよくあ…

「分かりました」「了解です」の使い方とは?

 職種や年齢、立場などで相応しい言葉づかいは、微妙に変わってきます。  例えば、32歳、社会人としての経験は10年と変わりなくても、経…

困った雰囲気を一変させる「ひと言」とは?

 「ひと言」で空気を変えるとは、困った状況や停滞する雰囲気を「たったひと言」で一変させること。  今回は仕事の空気を変える「ひと言」…

話題の「大和言葉」をビジネスで活かすコツ

 日頃私たちが会話に用いている言葉には大きく分けて、音読みで発音される「漢語」と、その多くがカタカナ表記の「外来語」、そして日本で生まれ育っ…

言葉の言い換えで円満な人間関係を!

 人には、どうしても譲れないこだわりがあるものです。食べ物、ファッション、趣味……。他の人にとっては何でもないことが、ひっかかる、しっくりし…

覚えておいて損のない「社交辞令」

 「社交辞令」とは、物事を円滑に進めるために人付き合いにおいて、発言した方が良いと思われる挨拶や褒め言葉のことです。  「社交辞令」と…

「お説教」と「アドバイス」の境界線

 自分では「アドバイス」をしているつもりでも、相手にとっては「お説教」になってしまうということは間々あります。  「アドバイス」と「…

「会議」をそつなく仕切るためのフレーズ

ゴールが設定されていない「ダラダラ会議」  会議は、さまざまな立場の人が集まる場です。個人の仕事でさえ「ゴール」を設定しないで始めると…

<< >>

臼井 由妃プロフィール

経営者、著者、講演家、経営コンサルタントとして、1カ月に500人以上と会っている臼井由妃氏が、ビジネスの現場ですぐに役立ち、最高の結果を出せる話し方についてお伝えします。