不況を「生き抜く」メンタル力を磨け! Dr.米山の「活脳塾」

“意欲のある脳”を保つための方法

 「どんなことも中途半端のままにしないで、一生懸命に最後までやる!」。仕事に対してそんなふうに取り組むのが正しいように思ってやってきたはずです。  ところが、何か大きな企画が終わると、急に脱力感に襲…

コーヒーの味・香り、入れ方が脳を刺激する

 コーヒーを飲むことが、意外にも脳に様々な影響があります。コーヒーの飲み方、種類もそれに影響します。  気分転換にコーヒーというのは、…

脳のバージョンアップを図るメモ術、取り方次第でアイデアが浮かぶ

 携帯電話やパソコンが普及したとはいえ、手帳にメモをすることは、何かを忘れないようにするもっとも確実な方法でしょう。どのようにメモすれば、も…

ボイスレコーダーで脳内整理

 自分の脳の中で考えているだけでは、それが何らかの影響力を持つことはない。  声に出してこそ、影響力を持ってくるし、何をいま自分が考えてい…

たまには正装して高級レストランで食事しよう

 大型の客船に乗って、1週間くらいのカリブ海クルーズに出かけることがあります。日中は短パン、Tシャツを着て海で遊んできたのに、船内に戻ると、…

新しい体験を続けること それが脳活性の秘訣だ

 年齢とともに、やらなくてもわかったような気持ちになったり、それは知っているからと、自分では行動しなくなります。 それが脳を衰えさせてしまう…

究極の脳活性は旅行だ

 脳トレや簡単なゲーム、体操などが脳を活性化するということになっています。しかし、このコラムでずっと述べてきているように、脳活性はそんなに簡…

新生した脳細胞を生き残らせる方法

 海馬の神経細胞は大人になっても新しく作られているのですが、何もしないと数週間で消えていってしまいます。しかし、脳を使えば、神経細胞が生き残…

長寿で健康な人が行く場所はどこか

 高齢で元気な人には、共通の健康の秘訣がありそうに思いますが、実際には超高齢者の健康の秘訣というのはよくわかっていません。  あまりに個人…

40歳からの天才の作りかた

 一般的に天才と称される人というのは、早熟で20歳前に大学を卒業してしまうような人のことを想定します。こういった早熟な人(天才)が、ノーベル…

<< >>

米山 公啓プロフィール

専門は神経内科。1978年聖マリアンナ医科大学卒業。 98年聖マリアンナ医科大学第2内科助教授を辞して、本格的な作家活動を開始。主な著書に、「男は「段取り脳」でよみがえる」(講談社)、「人はどうして痩せないのだろう」(集英社)など多数、ホームページは、http://yoneyone.com/