【Web講座】梶原しげるの「プロのしゃべりのテクニック」

この記事をはてなブックマークに追加 この記事をmixiチェックに追加
印刷
2015/9/24  (1/6ページ)


操作ガイドを開いていきなりつまづいた

 5年に一度の国勢調査でこんなことになろうとは…。

 今回から国勢調査のインターネット回答が正式に導入された。パソコンでもスマホでも「簡単に短時間でできますよ」というのが謳い文句だ。

 調査員の負担や、国の情報処理にかける経費を考えても「今後はネット回答が主流になる」のだろう。テレビニュースに出てくる「街の声」によれば評判もそこそこ良いようだ。

「日本国初の、国勢調査インターネット回答」

 これをクリアして「清々しい達成感」を味わおうと私も前向きに取り組んだ、はずだったが…。

 「操作ガイド」が記されたパンフレットを開いていきなり、つまずいた。

 手順の一番目。「インターネットアドレスからアクセスする方法」に添えられた一文だ。

 「ウェブ・ブラウザのインターネット欄にhttp://~と入力せよ」とおっしゃる。

 用紙には、懇切丁寧に、ヤフーとグーグルのホームページの画像を示し「検索の窓にhttp~といれてもダメですよ。もう一つの空欄、画面上にある細長いアドレス欄にhttp~をいれてくださいね」とはっきり書いてある。

 パソコンを使えば自動的にこのホームページ画面に「二つの記入欄」が現れたはずだが、あいにくこの日私はパソコンを修理に出していた。

 手元にあったiPadのスクリーンには「検索専用の窓」一つしか開いていない。

 「http://~はどこへ入力したらいいんだろう??」

>> 振り出しに戻る説明に、だんだん腹が立ってきた

<< >>
バックナンバー

この連載の一覧
著者プロフィール

この著者の連載一覧

  • 【Web講座】梶原しげるの「プロのしゃべりのテクニック」