【Web講座】梶原しげるの「プロのしゃべりのテクニック」

「上から目線」と誤解されないための、プロが教える日常会話の実践テクニック

どうしてますか? 普通に生きてるよ!  会社を退職後、それなりに充実した日々を送っている我が友人が、数十枚届けられた年賀状の何通か…

三浦知良、大塚久美子、GACKT…怒りのコントロール次第で、人物評価が大きく変わる

いつから上から目線な言い方をするようになったんだ?  昨年末、久しぶりに二人きりで飲んだ友人が、いつもの「無駄にゲンキで明るいキャ…

プレゼン直前のひらめきで観客をアッと言わせる~口先ひとつで世界を変えた男=スティーブ・ジョブズ

ジョブズの言葉は「立っている!」  2016年2月公開される映画『スティーブ・ジョブズ』の試写を見た。試写会パンフレットにはこんな…

服装は成果に影響する~カジュアルorフォーマルでは語りきれない「見た目」の重要性

カジュアルな服装のTED登壇者たち  「ここ一番、決めてやるぞ!」  そんな時に役に立つ、かもしれない「勝負服」について考え…

『津軽海峡冬景色』をきちんと言えますか? 「鼻濁音」消滅の危機でわかった山口百恵のすごさ

ガギグゲゴ……鼻濁音が使えますか?  今年「鼻濁音、消滅の危機」が取りざたされた。問題提起したのは朝日新聞だった。  「鼻濁音…

コンビニの支払いに映る「人としての器量」

お客は「いい人、悪い人、普通の人」の3種類  先日、神奈川県厚木市のコンビニでアルバイトの男性店員が客の様子を写真に撮り「帰れ、デ…

読めない「普通の名前」 キラキラネームで見逃される“名前の変化”

今や親にとって子供の名付けは一大事  東京駅で山手線に乗り込んだら、30代前半と思しき若いサラリーマン風男性2人が、1冊の本を覗き…

相手に受け入れられやすいよう会話スタイルを調整する~安藤優子キャスターに学ぶ商談の勘どころ

克実さん、これって、↑スゴクナイ↑?!  主戦場を、夕方のニュース番組から午後のワイドショーに変えた安藤優子さん。ベテランのしゃべ…

キャッチーな言葉に操られてはいないか? 記事見出しの背後にある「真実」を吟味しよう

ねじ曲げられたタイトルと見出ししか見ない人  日本新聞協会が主催した「ネット社会における新聞と放送の役割」と題したパネルディスカッ…

冬は声枯れ、声のかすれに要注意 声のスゴイ役割を思い知る

 「喉に違和感」を覚えた。  「風邪か?いや違う。声そのもののキレが悪い、伸びがない、かすれる……」  周囲の仲間に尋ねてみた。…

<< >>

梶原 しげるプロフィール

プレゼンや会議などで言いたいことが思うように伝わらず、困っているビジネスパーソンは多いでしょう。そこで、しゃべりのプロ、アナウンサーの梶原しげる氏が、相手に伝わる話し方のコツを伝授します。プロのテクニックを、ビジネスの現場でぜひ生かしてください。