【Web講座】新米リーダーが学ぶ、成果が上がるチームの作り方

最終回 リーダーが大切にしなければいけないこと

 チーム全体の成果をより高めるために、リーダーはメンバーの指導・育成を行わなければいけないのですが、常に心に留めておいて欲しいことがあります。この連載のまとめとして、今回はチーム運営のための標語をいく…

第17回 真のリーダーが意識すべきこととは?

求められる経営感覚  リーダーは、自チームの成果をあげることを求められますが、ただ経営の指示に従って業務を遂行すればよいというものではあり…

第16回 部下に納得してもらえるリーダーシップとは

 前回まで、成果があがるチームの作り方について、「チームの活性化」「意識と思考」「行動」というテーマ順で部下指導のポイントを説明してきました…

第15回 メンバーの行動をマネジメントする方法(4)ユーザー満足度の視点から部下の行動を管理する プロセスマネジメント

仕事のプロセス3つの要素  すべての仕事に成果を得るためのプロセスがあることは、既にみなさん十分に理解されていると思います。今回は、行動マ…

第14回 メンバーの行動をマネジメントする方法(3)正しい優先順位をつけて仕事ができない部下の行動を改善する

 今回も、メンバーの行動に関する指導法について述べます。 優先順位がつけられない  みなさんは、メンバーの行動を見ていて「何て効率の…

第13回 メンバーの行動をマネジメントする方法(2)「動く」と「止まる」の2つの行動で考える習慣を身に付ける

 作業者として何らかのシフトに組み込まれている時には、休憩時間やイレギュラーな事態が発生した場合を除いて、体の動きを止めることはできません。…

第12回 メンバーの行動をマネジメントする方法(1)~見本になる、叱る、褒める~

 チームを活性化し、内的生産性を高めることでメンバーの行動の質は高まり、生み出される成果の質も高まります。しかし、具体的な行動の仕方を教えな…

第11回 課題形成系の思考力を鍛える

 思考力には2つの種類があるということを前回述べました。情報処理系と課題形成系の2つです。  この思考力は、チームの生産性を高めるため…

第10回 仕事の質を高める頭の良さ~「思考力」の2つの種類~

 みなさんは、「頭のいい人」というとどんな人を思い浮かべますか? 仕事の覚えが速い 仕事をテキパキとこなす 要領がいい プレゼン…

第9回 「意識」は行動のエネルギー、「思考」は行動の質

 内的生産性を高めるための話を続けていますが、今回から「思考」について触れていきます。  広い意味では意識も思考の中の一要素と言えますが、…

<< >>

井上 健一郎プロフィール

人材開発・組織構築コンサルタントとして活躍する井上健一郎氏が、若手ビジネスパーソンにチームのモチベーションを上げ、組織的に課題に取り組んでいくための方法を伝授します。チームという「場」の中から、創造的な「知恵」を産み出すために必要な、チームと個人の関係のあり方、活性化のさせ方、育成の手法を具体的に提示していきます。