世界でいちばん自由な働き方

第4回 真面目すぎる日本人。それは“弱点”ではない

 日本の現状に話を戻しましょう。  「決められた正解」を追い求める日本では、コツコツと、ひたむきに仕事をする真面目さが必要ともいえます。  わずかでもズレがあれば「不正解」となってしまうスタイルな…

第3回 「偶発的な出来事」の積み重ねがキャリアをつくる

 スタンフォード大学のJ.D.クランボルツ教授が提唱するキャリア理論に「計画された偶発性理論」というものがあります。  簡単にいってしまえ…

第2回 「正解」のない時代

 今は、正解のない時代……。と前回書きました。  しかし、ここでちょっと想像してみてください。「正解がない」のは、組織=会社から離れ、一個…

第1回 “未来型の働き方”はすでに実践されている!

 これまで、人の働き方のスタイルや意味は、さまざまな技術の進歩とともに、大きく変化してきました。  古くは交通手段の発達がビジネスの舞台を…