ビズアカ・インタビュー

この記事をはてなブックマークに追加 この記事をmixiチェックに追加
印刷
2013/3/27  (1/3ページ)

成長し続ける条件は、謙虚であること

千田はるか(ちだ・はるか)さん

「TSUTAYA」などを運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)で広報業務を経験。その後、企業のメンタルケアを行うコンサルティング会社にて人事コンサルティングなどを担当。2011年より、エムアウト。東京都出身。

――新しいビジネスをつくり出す仕事

 私たちの会社は、新しいビジネスをつくり出す会社です。「スタートアップファクトリー」と呼んでいますが、業務としては大きく分けて4つのフェーズがあり、(1)有望な事業アイデアを収集してブラッシュアップ(2)投資資金を投入してテストマーケティングを行う(3)計画に基づいて事業会社を設立・運営する(4)黒字化を達成後に株式公開や事業売却などのEXIT戦略を実行して投資資金を回収する――という流れです。回収した資金で、また次の事業へ投資をしていきます。

――アイデア収集とブラッシュアップの日々

 私は事業開発チームに所属し、(1)にあたる事業アイデアの収集とブラッシュアップを担当しています。チームには私を含め4人いて、私はサービス業を中心に、主に海外のビジネス成功モデルを日本に持ち込むケースでのスタートアップを探っています。日々、フェーズの異なる複数のプロジェクトが同時進行していますが、この2年間で100以上のビジネスプランの精査をしてきました。世の中のトレンド、スタートアップのトレンドなどにアンテナを張りながら、情報収集を欠かさず、「いけそうだ!」というビジネスを探す毎日です。

――○×△の判断を下せる経験値

 チームメンバーどうしオフィスで常に情報交換をしています。1日2回はミーティングをします。日報を書くまでもなく、誰が何をどういうフェーズで進めているのかを理解し合っていますね。そうしてこれまでに2000以上の案件をみてきたので、今では、アイデアを聞いて、すぐにその事業が成功するかどうかの○×△の判断はつくようになりました。新しい事業のアイデアというのは、思いついた本人にとっては目新しくても、類似事業がすでに存在するというケースがほとんどです。事業をスタートさせるか否かを見極めるには、経験値が必要です。

<< >>
バックナンバー

この連載の一覧
著者プロフィール