人事に聞く 企業の採用戦略

この記事をはてなブックマークに追加 この記事をmixiチェックに追加
印刷
2016/2/8  (2/2ページ)

 こうした意識の面も含めて改善するために2015年10月から「Women’sネットワーク」を設けました。女性の管理職が女性社員とテーマに沿って話をする場です。女性の管理職には自分の会社員人生の浮き沈みを示した「自分グラフ」を作ってもらい、参加者に見せます。仕事での失敗や育児との両立の苦労などで本音を聞いてもらって、「自分と同じなんだ」ということを女性の社員に実感してもらう狙いです。

 15年中に10回開きました。そこで出てきた貴重な意見を今年からの取り組みにつなげていきます。

 例えば育児休暇明けの女性社員は復職に不安を抱きます。保育園への子供の送り迎えなどのために勤務時間を短かくしなければならない場合、職場の同僚らに気を使って精神的に参ってしまうようなことが起きては元も子もありません。男性社員が意識を変えることも女性が活躍できる職場作りには欠かせないでしょう。法律が定める以上の制度を作っても、社員が使いやすくなければ意味がありません。

日経産業新聞ではLearning面で「管理職講座」や「ビジネスQ&A」などの記事も連載しています。

 

[2016/02/01/日経産業新聞]

<< >>
バックナンバー

この連載の一覧
著者プロフィール