ソーシャルビジネスが拓く新しい働き方と市場

第8回 ソーシャルビジネスをはじめよう! 越境的な新結合からイノベーションは生まれる

 これまでソーシャルビジネスの意義、位置づけ、経営方法などを紹介してきました。 経済社会が変化するなかで、新しい課題も生じてきています。また、モノも情報もあふれるなかで、新しい価値や新市場をつく…

第7回 社会を良くするエコシステムが生まれていく ~ マドレボニータのケース(下)

 前回は、ソーシャルビジネスが社会問題という市場のないなかでビジネスを行うために、いかに事業を組み立てていくのかを、マドレボニータの事例…

第6回 ソーシャルビジネスの顧客と市場をつくる経営手法 ~ マドレボニータのケース(上)

 ソーシャルビジネスは、社会問題という市場のないなかでビジネスを行います。  そのため、社会起業家には事業をつくりながら、下記の4つを…

第5回 ソーシャルビジネスは、なぜ儲からないのか?

 前回、社会起業家やソーシャルビジネスは、事業力が弱く、一方で事業に注力すると社会運動として弱くなりがちだと指摘されることが多いと書きま…

第4回 日本のソーシャルビジネスが歩んできた道 ~ムーブメントの背景(2)

 新年あけましておめでとうございます。  今年も内外の変化が激しい1年になりそうですが、読者の皆さまにとって、よい1年となりますように…

第3回 世界はなぜソーシャルビジネスに期待しているか? ~ムーブメントの背景

 連載第1回にも書いたように、すべてのビジネスは社会ニーズに応えて存在します。また社会性に配慮した事業は以前から存在しました。では、なぜ…

第2回 社会を良くするビジネスって? ~社会起業って何?(下)

山積みの社会問題にどう立ち向かうか?  私たちの社会には様々な社会問題があります。  たとえば、生活保護世帯は212万世帯と…

第1回 社会を良くするビジネスって? ~社会起業って何?(上)

 社会起業家、ソーシャルビジネスに対する関心が高まっています。  私が社会起業という言葉に出会った2001年ごろには「社会起業家と…

広石 拓司プロフィール

1968年大阪市生まれ。東京大学大学院薬学系修士課程修了。2001年よりNPO法人ETIC.にて社会起業家の育成・支援に取り組む。主宰する「社会企業プランニング講座」には全国3000人以上が参加。2008年5月株式会社エンパブリック(http://empublic.jp)を設立し、知恵と力を持ち寄る場づくり、事業が生まれるコミュニティづくりのためのプログラム開発、担い手育成に取り組む。エンパブリック根津スタジオで、場づくりスクール、戦略的構築プログラムの提供、地域講座、企業でのワークショップなど年間200本を実施。慶應義塾大学SFC総合政策学部(社会起業)、立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科などの非常勤講師も務める。