いまどき若手教育

コマツ 発祥の地で歩みを学ぶ

 コマツは発祥の地である石川県小松市を拠点に約2カ月間の新入社員研修を行っている。会社の発展した歴史を学ぶほか、ボランティア体験などを通じて地域への愛着を深めるのが狙い。海外売上高比率が8割を占め…

クボタ 鋳鉄技術 手作業で競う

 クボタが社内競技会を定期開催することで、鋳鉄の技術を若手に伝承している。競技会は国家資格などに準じた研修制度とは別に、将来のリーダー候…

スズキ 自衛隊でチーム力養う

 スズキは新入社員の育成に航空自衛隊での研修を取り入れた。主に技術職が対象。主力の軽自動車は開発競争が激化しており、研修を通じてチームワ…

DIC 日本流営業 海渡り学ぶ

 DICが海外拠点の外国人社員を日本国内で受け入れる「逆トレーニー制度」を始めた。海外では経験しにくい新規需要開拓のノウハウなどを学ばせ…

日本バルカー工業 徹底議論 考える力磨く

 日本バルカー工業は新入社員教育の一環として、3日間で合計約24時間、上司や同期入社の社員と話し合う合宿を始めた。徹底した話し合いや議論…

サントリー食品 製品語れる営業育成

 サントリー食品インターナショナルは2013年度から、入社2~3年目の若手営業担当者を対象にした営業基礎研修を始めた。約1年間かけて商品…

マツダ モノ造り上流から学ぶ

 「2012―2013日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞したマツダの多目的スポーツ車(SUV)「CX―5」。高い燃費性能と力強い走りを実…

グローリー ロボ製作、すべて自力で

 貨幣処理機のグローリーは技術部門の新入社員を対象に、ロボットを考案して製作する研修を課している。あらかじめ決まっているのは開発期間と予…

日本郵船 グループ会社で半年研修

 日本郵船は入社後ほぼ半年で現地の業務を厳格に学ぶ「臨港店研修」を実施する。東京・丸の内の本社での3週間の座学を終え、間髪を入れず全員が…

三菱商事 復興支援通じ眼力養う

 東日本大震災の津波で多くの職員が犠牲となった宮城県南三陸町の防災庁舎。9月下旬の夕暮れ時、骨組みだけの無残な姿を1人の女子中学生がスケ…

<< >>