ことばアップデート

この記事をはてなブックマークに追加 この記事をmixiチェックに追加
印刷
2012/10/19  (1/1ページ)

 国産の技が消費者の支持を集めている。1着5145円均一を守るシャツメーカー「メーカーズシャツ鎌倉」は神奈川県鎌倉市の企業だ。主力の綿シャツで国産100%を貫く。優良縫製工場と組んで「メード・イン・ジャパン」を創業以来、守り続けている。名門ファッション企業「VANヂャケット」出身の貞末良雄会長が1993年、53歳で創業した。妻で社長のタミ子氏と二人三脚でブランドを育て上げた。地元ファンが増えたころ、情報誌が「鎌倉マダム御用達の店」と紹介し、「鎌倉シャツ」の愛称が定着した。

 米ニューヨークに海外1号店を開く。国産の高品質シャツで世界のファッション発信地に乗り込む。先にNY進出を果たした「ユニクロ」を運営するファーストリテイリングの柳井正会長兼社長もファンの1人。正装する際には「鎌倉シャツ」を着るという。人気の理由は、海外有名ブランド並みの糸を使った高品質のシャツを手ごろな価格で提供している点。「驚くほど上質なシャツを、4,900円で販売する。」がモットー。税抜き4900円(税込み5145円)の均一価格は創業時のままだ。[2012年10月19日]

[参考記事]鎌倉シャツ、NYへ、初の海外、ブランド発信 2012/06/25 日本経済新聞 朝刊 11ページ

「ことばのリスト」はこちら

バックナンバー

この連載の一覧
著者プロフィール