セミナー体験記

この記事をはてなブックマークに追加 この記事をmixiチェックに追加
印刷
2011/10/11  (4/4ページ)

便利な半面、罪作り?

 それにしても参加者たちが、自分の「脳内」や「置かれた状況」を初対面の相手に開示することをちゅうちょしないのが不思議だった。「『どんな自分になりたいか』というBOIを考えたとき、これまで考えたこともなかった『妻と子を守れる自分』というフレーズが浮かび、家族の大切さを再確認した」というほのぼのエピソードを語った男性もいれば、「夫との関係を見直したい」との赤裸々発言も聞こえてきたりして、ドギマギしてしまった。「会社の状況を役員たちに認識してもらうため、マインドマップで現状を示したい」という人もいたが、役員に危機的な状況が伝わりすぎてショックで卒倒しないかひとごとながら心配だ。

 目には見えないアタマの中身や思考プロセスを顕在化するマインドマップ。幅広い用途に使えて便利な半面、“罪作りなツール”になりかねないゾと思いつつ、帰路に就いたのだった。

(ライター 籏智優子)

<< >>
バックナンバー

この連載の一覧
著者プロフィール