セミナー体験記

この記事をはてなブックマークに追加 この記事をmixiチェックに追加
印刷
2011/11/22  (1/3ページ)

講師のJacky柴田正幸さん。アカデミーヒルズで開催されるプレゼン関連の講座には、今回の「コミュニケーション編」のほか、どんな機材を使って伝えるかを学べる「ツール編」などのコースもある。講師のJacky柴田正幸さん。アカデミーヒルズで開催されるプレゼン関連の講座には、今回の「コミュニケーション編」のほか、どんな機材を使って伝えるかを学べる「ツール編」などのコースもある。

 人々で賑わう夜の六本木ヒルズ。その49階に位置するアカデミーヒルズが今回のセミナーの舞台だ。

 この日、参加したのは、「2時間で学ぶはじめてのプレゼンテーション コミュニケーション編」。東京タワーを間近に望むセミナールームには、すでに3、40代の男女40人ほどが着席し、講座の開始を待っている。

 広報担当者によれば、この講座が始まったのは2007年。以来、5年間で延べ1300人が受講したという。「役に立つ」という意見とともに、「元気になる」という声も多く、ほぼ毎回、満員御礼という人気講座なのだとか。

 講師はコンサルティングファーム、Jacky Marketing Office代表で、企業のマーケティングコンサルティングや社員研修、講演活動などを行うJacky柴田正幸さんだ。

 「ビジネスプレゼンテーション(以下、プレゼンと略)の究極の目的は、『相手があなたの提案を受け入れる』こと。言い換えれば『相手のビジネス上の行動に、あなたが影響を与えること』です」と切り出したJackyさん。「慣れ親しんだ従来のやり方を変えてまで、あなたが訴える不確実な未来に賭けてみようかと相手に思わせるには、単なる解説ではなく、相手の心を揺さぶる『説得』でなければいけない。相手の心を掴み、アクションを起こさせる『伝え方のノウハウ』をぜひこの講座で学んでください」。

>> 主役は聞き手と心得よ

<< >>
バックナンバー

この連載の一覧
著者プロフィール