日経Bizアカデミー - ジブン進化への出発点

特集

この記事をはてなブックマークに追加 この記事をmixiチェックに追加
印刷
2013/1/9  (1/4ページ)

 近年、ビジネスの手法によって社会問題を解決しようとする新たな動きが広まってきている。社会的価値と経済的価値はこれまで、企業のビジネス活動展開において相反する概念であると考えられてきた。しかし、ハーバード・ビジネス・スクールのマイケル・E・ポーター(Michael E. Porter)教授が提唱する共通価値の創出(Creating Shared Value=CSV)という概念によると、それらは相反するものではなく、両立することによって企業はむしろ新たなビジネスチャンスをつかめるという。このほど、一橋大学大学院国際企業研究科が主催するポーター賞表彰式のため来日したポーター教授に、CSVを構想した経緯や意義について聞いた。9日と16日の2回に分けて掲載する。

◇   ◇   ◇

■共通価値の創出とは何でしょうか。

 世の中には環境問題や住宅問題、健康問題、飢餓、障害者雇用など様々な社会問題があります。共通価値の創造(CSV)とはビジネスと社会の関係の中で社会問題に取り組み、社会的価値と経済的価値の両立による共通の価値を創造するという理論です。

 自社の事業の特性や社会との接点をよく考え、3つのコンセプト、すなわち(1)市場における製品、(2)バリュー・チェーン、(3)ビジネス環境、を見直すことで実現されうると考えます。

 社会問題とビジネスは分けて考えられるものではありません。そして大きな社会問題には実は大きなビジネスチャンスがあり、CSVの概念により企業は、よりユニークで他社にはない戦略を策定することができます。市場の拡大においては多くのチャンスが潜んでいて、例えば製品製造過程の改善のプロセスにおいても社会問題にインパクトを与える要素は潜んでいるのです。

■CSVのアイデアはどのように発想しましたか。ファイブフォース分析(Five Force Analysis「Competitive strategy」1980)からバリュー・チェーン(Value Chain「Competitive advantage」1985)を経てCSVに至る変遷を伺わせてください。

 ファイブフォース分析(=FFA)は産業に視点を置き、バリュー・チェーン(=VC)は企業に視点を置いた理論でした。CSVはVCのコンセプトの一部から生じた概念で、ビジネス環境に多大な影響を与えます。

 これまで企業が公害や二酸化炭素排出を削減しようとする場合、更なる多額のコストが発生し、それに比例して働かなくてはならないと考えられていました。しかし、労働者が毎日、より効率的に仕事に励むには健康的な労働環境と経済的利益が必要です。ここ10~15年、問題となっていた環境や健康といった基本的な社会問題をわれわれが解決するためには、その前提として社会改善や効率的な企業運営が必要になります。そこに論争はありません。

>> CSVは企業が現在見落としている市場があるという前提に立つ

<< >>

【グローバルリーダー力を極める】日経のMBA講座

名称 主なテーマ 受講料(税込み) 開講時期

次世代ビジネスリーダー養成講座 2014

「競争を生き抜くリーダーシップ強化術」「文系的統計学の考え方」「企業価値を高めるファイナンスの力」「オペレーション変革力」「コーポレートガバナンス革命と社会変革」 各科目6,480円(税込み)、全8科目通し45,360円(税込み) 2014年10月9日(木)
※修了懇親会(最終講終了後):11/25(火)

【中小・ベンチャー・事業承継】経営イノベーション集中講座 2014

「利益とキャッシュを生み出すための中小・ベンチャー会計」「ビジネスITイノベーション戦略論」「中小・ベンチャーのブランディングとマーケティング戦略」「中小・ベンチャーが成長するための組織論」 各科目7,560円(税込み)、全8科目通し49,680円(税込み) A:2014年9月24日(水)~11月12日(水)
B:同9月26日(金)~11月14日(金)
※合同修了懇親会:11/27(木)

「MBA Essentials 2014 アドバンスコース」
早稲田大学ビジネススクール(WBS)×日経Bizアカデミー

「マーケティング」「クリティカルシンキング」 各科目43,200円(税込)
※MBA Essentials受講者割引あり
マーケティング:2014年10月28日開講
クリティカルシンキング:2014年10月1日開講

「MBA Essentials 2014 総合コースⅡ」
早稲田大学ビジネススクール(WBS)×日経Bizアカデミー

「オペレーション戦略」「ビジネスモデル」「イノベーション」「コーポレートファイナンス」「グローバルビジネス」「BtoBマーケティング」「アントレプレヌールシップ」「グローバルリーダーシップ」の全8科目。 1講座あたり7,560円、各8講座通し43,200円(ともに税込) 2014年9月3日(水)~12月12日(金)
全8回

Global MBA Challege<エグゼクティブコース>~グローバル時代の経営人材を鍛える~
一橋大学(ICS)×日経Bizアカデミー

「ファイナンスとアカウンティング」「戦略思考」「マーケティング」「リーダーシップ」「組織とマネジメント」 各科目108,000円(税込み) 2014年6月3日(火)~7月15日(水)<ファイナンスとアカウンティング>、9月2日(火)~10月15日(火)<戦略思考> ※ともに全4回

【グローバルリーダー力を伸ばす】日経ビジネス講座一覧

講座名 講師 受講料(税込み) 開催日時
知っておくべき知識だけをわかりやすくビジネスに必要な契約の基礎知識 弁護士矢野 千秋氏 一般:33,480円 8月28日(木)
10:00~17:00
日本経済新聞社の企業研修向け講座「日経 経済知力研修」シリーズを特別公開経済・ビジネストレンド講座 日本経済新聞社 人材・教育事業本部 研修・解説委員小島 基秀 一般:16,200円 8月29日(金)
14:00~17:00
【TOEIC®専門講師 早川幸治氏による直指導】8/30、9/6、13 【毎回土曜日】3回コース TOEIC®テスト470点突破対策講座 TOEICⓇ対策講座講師早川 幸治氏 一般:30,240円 8月30日(土)
10:00~13:00
【TOEIC®専門講師 早川幸治氏による直指導】8/30、9/6、13 【毎回土曜日】3回コース TOEIC®テスト600点突破対策講座 TOEICⓇ対策講座講師早川 幸治氏 一般:30,240円 8月30日(土)
14:00~17:00
−『「分かりやすい説明」の技術』シリーズ(60万部超)の著者に学ぶ− 「伝わる文章力トレーニング」講座 <48名限定> 藤沢晃治オフィス代表、コミュニケーション研究家藤沢 晃治氏 一般:43,200円 9月1日(月)
10:00~17:00
従業員の海外赴任への対応は、万全ですか? 海外勤務者をめぐる労務管理と給与・社会保険 多田国際社会保険労務士事務所所長、特定社会保険労務士多田 智子氏 一般:33,480円 9月3日(水)
10:00~16:30
〜財務諸表が読めるようになりたい方のための〜会計の基本がわかる・財務諸表マスター講座 ボナ・ヴィータ コーポレーション代表取締役國貞 克則氏 一般:33,480円 9月3日(水)
10:00~17:00
~経営計画を実現する・要員計画と人件費管理の具体手法を解説~要員計画の策定と総額人件費管理の進め方 マネジメント実務センター所長窪田 千貫氏 一般:33,480円 9月4日(木)
10:00~17:00
領収書・請求書、契約書など文書の取扱いから債権・債務の基本までを実務的に解説総務・経理・営業のための法律基礎知識 弁護士、長島・大野・常松法律事務所パートナー垰 尚義氏

長島・大野・常松法律事務所 弁護士辺 誠祐氏
一般:33,480円 9月5日(金)
10:00~17:00
−「できる人」の思考法を身につける− ロジカル・シンキング 芝浦工業大学大学院客員教授西村 克己氏 一般:33,480円 9月8日(月)
10:00~17:00
~新規事業をどうやって自分の会社で進めていくか~新規事業の進め方 エムケー・アンド・アソシエイツ社長河瀬 誠氏 一般:32,400円 9月9日(火)
13:30~17:00
マーケティング思考の「基本の型」が1日で身につく人気定番セミナー基礎から学ぶマーケティング ウィンテルコンサルティンググループ代表取締役市川 晃久氏 一般:33,480円 9月10日(水)
10:00~17:00
~会社役員・マネージャー・経営企画担当者のための~財務諸表分析と企業価値評価 公認会計士・税理士和田 正次氏 一般:33,480円 9月11日(木)
10:00~17:00
リラックスした雰囲気での対話から生まれる集合知を活かす!『ワールド・カフェ』の事前準備とファシリテーション術<20名限定> HRT代表取締役、組織変革コンサルタント、ワールドカフェコミュニティジャパン代表理事大川 恒氏 一般:52,920円 9月12日(金)
10:00~18:00
「うまく伝える」から「相手の心を動かす」へ結果を引き寄せる!「勝つためのプレゼンテーション」 東京ドアーズ/人間力教育センター代表村山 哲治氏 一般:33,480円 9月16日(火)
10:00~17:00

日経Bizアカデミーとは?

日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

このサイトについて

日本経済新聞社について