日経Bizアカデミー

特集

この記事をはてなブックマークに追加 この記事をmixiチェックに追加
印刷
2013/1/9  (1/4ページ)

 近年、ビジネスの手法によって社会問題を解決しようとする新たな動きが広まってきている。社会的価値と経済的価値はこれまで、企業のビジネス活動展開において相反する概念であると考えられてきた。しかし、ハーバード・ビジネス・スクールのマイケル・E・ポーター(Michael E. Porter)教授が提唱する共通価値の創出(Creating Shared Value=CSV)という概念によると、それらは相反するものではなく、両立することによって企業はむしろ新たなビジネスチャンスをつかめるという。このほど、一橋大学大学院国際企業研究科が主催するポーター賞表彰式のため来日したポーター教授に、CSVを構想した経緯や意義について聞いた。9日と16日の2回に分けて掲載する。

◇   ◇   ◇

■共通価値の創出とは何でしょうか。

 世の中には環境問題や住宅問題、健康問題、飢餓、障害者雇用など様々な社会問題があります。共通価値の創造(CSV)とはビジネスと社会の関係の中で社会問題に取り組み、社会的価値と経済的価値の両立による共通の価値を創造するという理論です。

 自社の事業の特性や社会との接点をよく考え、3つのコンセプト、すなわち(1)市場における製品、(2)バリュー・チェーン、(3)ビジネス環境、を見直すことで実現されうると考えます。

 社会問題とビジネスは分けて考えられるものではありません。そして大きな社会問題には実は大きなビジネスチャンスがあり、CSVの概念により企業は、よりユニークで他社にはない戦略を策定することができます。市場の拡大においては多くのチャンスが潜んでいて、例えば製品製造過程の改善のプロセスにおいても社会問題にインパクトを与える要素は潜んでいるのです。

■CSVのアイデアはどのように発想しましたか。ファイブフォース分析(Five Force Analysis「Competitive strategy」1980)からバリュー・チェーン(Value Chain「Competitive advantage」1985)を経てCSVに至る変遷を伺わせてください。

 ファイブフォース分析(=FFA)は産業に視点を置き、バリュー・チェーン(=VC)は企業に視点を置いた理論でした。CSVはVCのコンセプトの一部から生じた概念で、ビジネス環境に多大な影響を与えます。

 これまで企業が公害や二酸化炭素排出を削減しようとする場合、更なる多額のコストが発生し、それに比例して働かなくてはならないと考えられていました。しかし、労働者が毎日、より効率的に仕事に励むには健康的な労働環境と経済的利益が必要です。ここ10~15年、問題となっていた環境や健康といった基本的な社会問題をわれわれが解決するためには、その前提として社会改善や効率的な企業運営が必要になります。そこに論争はありません。

>> CSVは企業が現在見落としている市場があるという前提に立つ

<< >>

【グローバルリーダー力を極める】日経のMBA講座

名称 主なテーマ 受講料(税込み) 開講時期

日経MJヒット塾 特別セミナー
「トップブランドに学ぶ 市場を創る力」
主催:日本経済新聞社 人材・教育事業本部
協力:日経Bizアカデミー

どうすれば、移ろいやすい消費者の心の真ん中に居続けられるのか。カテゴリーを創造し、トップに君臨する強いブランドづくりを学ぶ 16,200円(本体15,000円) 2015年4月16日(木)
13:00〜16:40(12:30受付開始)

MBA Essentials 2015 <総合コースⅠ(春開講)> <総合コースⅡ(秋開講)>
早稲田大学ビジネススクール(WBS)×日経Bizアカデミー

MBA Essentials<総合コース>は、MBAの様々な分野の基礎を、ケーススタディーやディスカッション、レクチャーといった実際の授業と同じスタイルで学ぶことができます。
MBAの基礎科目を中心に学ぶ<総合コースⅠ>と、WBSならではの特長的な科目を学ぶ<総合コースⅡ>を履修頂けます。
WBSの大きな特長は、プロフェッショナルファームなどでの高度な実務経験を持つ教員が多く、学問的知識やスキルだけではなく、理論に裏付けされた経営で使える実戦的なノウハウを叩き込むところにあります。
・8科目一括申し込み(ネットワーキングパーティー含む) 43,200円(税込み)

・単科(1科目ごと)申し込み 7,560円(税込み)

※MBA Essentials受講者割引あり
<総合コースⅠ>4/7(火)~7/22(水)

<総合コースⅡ>9/2(水)~12/10(木)

Global MBA Challege 2015
一橋大学(ICS)×日経Bizアカデミー

「Marketing」「Leadrship」「Quantitative Business Analysis」「Human Resource Management」「Corporate Finance」「Organization and Management in Emerging Markets」「Accounting」「Organizational Behavior」「Operations Management」 全10科目一括69,120円(税込み)
単科申し込み8,640円(税込み)
2015年2月10日(火)~4月28日(火) ※全10回

【グローバルリーダー力を伸ばす】日経ビジネス講座一覧

講座名 講師 受講料(税込み) 開催日時
提案に有効な情報が面白いように引き出せる相手から信頼される「質問力」 東京ドアーズ/人間力教育センター代表村山 哲治氏 一般:33,480円 3月3日(火)
10:00~17:00
論理表現力を1日で英語で学ぶ! Logical Writing Seminar -英語で学ぶロジカル・ライティング- 筑波大学客員教授、高杉尚孝事務所代表、(株)アドバンテッジ リスク マネジメント顧問高杉 尚孝氏 一般:33,480円 3月4日(水)
10:00~17:00
女性リーダーのための「マネジメントスキル」向上セミナー<30名限定> リンクスビジネスラボラトリー コンサルタント、日本アドラー・カウンセラー協会 認定カウンセラー金井 津美氏 一般:34,560円 3月4日(水)
10:00~17:00
新入社員や後輩を指導し、会社を活性化するリーダーとなるために女性リーダーのコミュニケーションスキルアップ講座 <36名限定> タクト&アクト代表取締役青木 テル氏

タクト&アクト 講師吉田 奈保子氏
一般:29,160円 3月5日(木)
13:00~17:00
実現可能性の高い事業計画を作成し、新規事業を成功に導くExcelを使った 新規事業のための事業計画作成<30名限定> 南公認会計士事務所代表、公認会計士南 俊基氏 一般:43,200円 3月5日(木)
10:00~17:00
演習中心のわかりやすい「定番セミナー」です! 1日でわかるビジネス・プレゼンテーション<35名限定> プラネット シニアインストラクター村松 かすみ氏

NLPコーチング協会代表理事、東北福祉大学 特任准教授 / デジタルハリウッド大学大学院 客員教授二階堂 忠春氏
一般:47,520円 3月6日(金)
10:00~18:00
初めて学ぶ方も、改めて基礎から学び直したい方も歓迎!ゼロから学ぶ英文契約書入門 弁護士・弁理士・米国ミシガン州弁護士(芝綜合法律事務所)、大宮法科大学院大学客員教授牧野 和夫氏 一般:37,800円 3月7日(土)
10:00~17:00
~適切な現状分析から未来の変化を予測し、ビジネスに活かす~ビジネスに必要な経営環境/市場環境分析・予測ノウハウ 早稲田大学教授武藤 泰明氏 一般:32,400円 3月9日(月)
13:00~17:00
従業員の海外赴任への対応は、万全ですか?海外勤務者をめぐる労務管理と給与・社会保険 多田国際社会保険労務士事務所所長、特定社会保険労務士多田 智子氏 一般:33,480円 3月10日(火)
10:00~16:30
―あなたの会社・事業を題材に、手を動かして学ぶ―実践・マーケティング戦略の作り方<30名定員> エムケー・アンド・アソシエイツ社長河瀬 誠氏 一般:48,600円 3月11日(水)
10:00~17:30
メンタルヘルス、ストレスチェック制度にも対応1日でわかる!労働基準法のすべて 千葉総合法律事務所 弁護士千葉 博氏 一般:33,480円 3月11日(水)
10:00~17:00
海外現地パートナーとのビジネスの進め方 アジアンマーケット企画社長木林 靖治氏 一般:33,480円 3月12日(木)
10:00~17:00
【緊急開催】法的トラブル予想の改正労働法への企業対応 弁護士安西 愈氏 一般:33,480円 3月12日(木)
10:00~17:00
マーケティング思考の「基本の型」が1日で身につく人気定番セミナー基礎から学ぶマーケティング ウィンテルコンサルティンググループ代表取締役市川 晃久氏 一般:33,480円 3月13日(金)
10:00~17:00
~柔軟でモチベーションの高いチームをつくる!~チーム・ビルディング実践研修<24名限定> NLPコーチング協会代表理事、東北福祉大学 特任准教授 / デジタルハリウッド大学大学院 客員教授二階堂 忠春氏 一般:49,680円 3月13日(金)
10:00~17:00

日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

このサイトについて

日本経済新聞社について