日経Bizアカデミー - ジブン進化への出発点

特集

この記事をはてなブックマークに追加 この記事をmixiチェックに追加
印刷
2013/1/9  (1/4ページ)

 近年、ビジネスの手法によって社会問題を解決しようとする新たな動きが広まってきている。社会的価値と経済的価値はこれまで、企業のビジネス活動展開において相反する概念であると考えられてきた。しかし、ハーバード・ビジネス・スクールのマイケル・E・ポーター(Michael E. Porter)教授が提唱する共通価値の創出(Creating Shared Value=CSV)という概念によると、それらは相反するものではなく、両立することによって企業はむしろ新たなビジネスチャンスをつかめるという。このほど、一橋大学大学院国際企業研究科が主催するポーター賞表彰式のため来日したポーター教授に、CSVを構想した経緯や意義について聞いた。9日と16日の2回に分けて掲載する。

◇   ◇   ◇

■共通価値の創出とは何でしょうか。

 世の中には環境問題や住宅問題、健康問題、飢餓、障害者雇用など様々な社会問題があります。共通価値の創造(CSV)とはビジネスと社会の関係の中で社会問題に取り組み、社会的価値と経済的価値の両立による共通の価値を創造するという理論です。

 自社の事業の特性や社会との接点をよく考え、3つのコンセプト、すなわち(1)市場における製品、(2)バリュー・チェーン、(3)ビジネス環境、を見直すことで実現されうると考えます。

 社会問題とビジネスは分けて考えられるものではありません。そして大きな社会問題には実は大きなビジネスチャンスがあり、CSVの概念により企業は、よりユニークで他社にはない戦略を策定することができます。市場の拡大においては多くのチャンスが潜んでいて、例えば製品製造過程の改善のプロセスにおいても社会問題にインパクトを与える要素は潜んでいるのです。

■CSVのアイデアはどのように発想しましたか。ファイブフォース分析(Five Force Analysis「Competitive strategy」1980)からバリュー・チェーン(Value Chain「Competitive advantage」1985)を経てCSVに至る変遷を伺わせてください。

 ファイブフォース分析(=FFA)は産業に視点を置き、バリュー・チェーン(=VC)は企業に視点を置いた理論でした。CSVはVCのコンセプトの一部から生じた概念で、ビジネス環境に多大な影響を与えます。

 これまで企業が公害や二酸化炭素排出を削減しようとする場合、更なる多額のコストが発生し、それに比例して働かなくてはならないと考えられていました。しかし、労働者が毎日、より効率的に仕事に励むには健康的な労働環境と経済的利益が必要です。ここ10~15年、問題となっていた環境や健康といった基本的な社会問題をわれわれが解決するためには、その前提として社会改善や効率的な企業運営が必要になります。そこに論争はありません。

>> CSVは企業が現在見落としている市場があるという前提に立つ

<< >>

きょうのおすすめ記事

【グローバルリーダー力を極める】日経のMBA講座

名称 主なテーマ 受講料(税込み) 開講時期

「日経MJヒット塾」(第2期)
主催:日本経済新聞社 人材・教育事業本部
協力:日経Bizアカデミー

ワークショップのテーマ:「くまモン」「フィットカットカーブ」「2.5世帯住宅」「ガリガリ君」「スバル」 221,400円(税込み。訪問研修5回、特別セミナー1回、交流会を含む) 2014年5月19日(月)~7月14日(月) ※全5回

「MBA Essentials 2014 総合コース」
早稲田大学ビジネススクール(WBS)×日経Bizアカデミー

「クリティカルシンキング」「経営戦略」「マーケティング」「アカウンティング」「オペレーション戦略」「グローバルリーダーシップ」など全16科目。 1講座あたり7,560円、各8講座通し43,200円(ともに税込) 2014年4月9日(水)~12月12日(金)
総合Ⅰ:全8回 総合Ⅱ:全8回

「MBA Essentials 2014 アドバンスコース」
早稲田大学ビジネススクール(WBS)×日経Bizアカデミー

「アカウンティング」「経営戦略」「ベンチャーと新規事業」をはじめとして、要望の多いMBA科目を随時アップしていく予定です。 各科目40,000円(税別)
※MBA Essentials受講者割引あり
アカウンティング:2014年3月29日開講
経営戦略:2014年4月26日開講
ベンチャーと新規事業:6月24日開講

「MBA Essentials 2014 プロフェッショナルコース 遠藤塾」
早稲田大学ビジネススクール(WBS)×日経Bizアカデミー

経営全体を俯瞰する「鳥の眼」と現場から発想する「虫の眼」の両方を鍛えるために、毎回具体的な事例を取り上げ、受講生参加型のワークショップを実施します。 216,000円(税込) 2014年4月26日(土)~2014年7月19日(水) ※全4回

【グローバルリーダー力を伸ばす】日経ビジネス講座一覧

講座名 講師 受講料(税込み) 開催日時
計画を具体的な数字に落とし込む方法をわかりやすく解説事業計画書の作り方(基礎編)<30名定員> 首都大学東京大学院教授松田 千恵子氏 一般:43,200円 4月11日(金)
10:00~17:00
−「グローバル・ビジネスパーソン・シリーズ」【英語学習編】− 確実にマスターできる「英語の学び方」 藤沢晃治オフィス代表、コミュニケーション研究家藤沢 晃治氏 一般:19,440円 4月14日(月)
13:30~16:30
「グローバル・ビジネスパーソン・シリーズ」 【英文作成編】「伝わる英文ライティング」講座 藤沢晃治オフィス代表、コミュニケーション研究家藤沢 晃治氏 一般:19,440円 4月15日(火)
13:30~16:30
1日でわかる・プロジェクトマネジメント 芝浦工業大学大学院客員教授西村 克己氏 一般:33,480円 4月16日(水)
10:00~17:00
日経消費経済フォーラム×日経ビジネススクール 共同運営先端マーケティング実践塾(第1回)「健康・ヘルスケア業界に学ぶ次世代ビジネスモデル」 <30名限定> 三菱UFJリサーチ&コンサルティング  コンサルティング事業本部 チーフコンサルタント高橋 千枝子氏

タニタ ブランディング推進室長 広報・新事業開拓統括猪野 正浩氏
一般:48,600円 4月18日(金)
13:00~18:00
[土曜講座]受講後も復習できる「宿題→講師添削」つき「決算書の使い方」マスター講座 南公認会計士事務所代表、公認会計士南 俊基氏 一般:34,560円 4月19日(土)
10:00~17:00
若手社員、新任管理職向けの人気定番セミナー『会社法』の常識40ポイント再確認! 税理士西村 昌彦氏 一般:33,480円 4月22日(火)
10:00~17:00
明日から会話を駆使して仕事の成果を出す! ビジネス会話力養成講座 HRインスティテュート 代表取締役会長野口 吉昭氏 一般:29,160円 4月23日(水)
13:00~17:30
−「あなたの会社・事業」を題材に、手を動かして学ぶ− 企業戦略・事業戦略の作り方<30名定員> エムケー・アンド・アソシエイツ社長河瀬 誠氏 一般:48,600円 4月23日(水)
10:00~18:00
新任の人事・総務担当者向け講座 基礎から学ぶ社会保険の仕組みと実務 特定社会保険労務士(井口経営労務事務所長)井口 明喜氏 一般:33,480円 4月24日(木)
10:00~17:00
〜財務諸表が読めるようになりたい方のための〜会計の基本がわかる・財務諸表マスター講座 ボナ・ヴィータ コーポレーション代表取締役國貞 克則氏 一般:33,480円 4月24日(木)
10:00~17:00
コスト構造をしっかりと把握し、経営改善の打ち手を導き出す原価計算の基本とコストマネジメントへの活用法 南公認会計士事務所代表、公認会計士南 俊基氏 一般:33,480円 4月25日(金)
10:00~17:00
イノベーションを継続できる組織は何が違うのか?日経記事で学ぶドラッカー「マーケティングとイノベーション」実践活用法 経営・情報システムアドバイザー、アーステミア代表取締役森岡 謙仁氏 一般:43,200円 4月28日(月)
10:00~17:00
演習中心のわかりやすい「定番セミナー」です! 1日でわかるビジネス・プレゼンテーション<40名限定> プラネット シニアインストラクター村松 かすみ氏

NLPコーチング協会代表理事、東北福祉大学 特任准教授 / デジタルハリウッド大学大学院 客員教授二階堂 忠春氏
一般:47,520円 4月30日(水)
10:00~18:00
−『「分かりやすい説明」の技術』シリーズ(60万部超)の著者に学ぶ− 『伝わる「表現力(図解・表示など)」トレーニング』講座 藤沢晃治オフィス代表、コミュニケーション研究家藤沢 晃治氏 一般:32,400円 5月1日(木)
13:00~16:30

日経Bizアカデミーとは?

日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

このサイトについて

日本経済新聞社について