探訪ビジネススクール

この記事をはてなブックマークに追加 この記事をmixiチェックに追加
印刷
2016/3/18  (1/3ページ)

 日本経済新聞の人材教育事業「日経ビジネススクール」と早稲田大学ビジネススクールは2月25日、早稲田大学日本橋キャンパスで、「日本発グローバル経営のあるべきかたち~日本から発信すること、世界から学ぶべきこと~」と題したセミナーを開いた。

 グローバル人材の育成が急務となる中、企業の人事・研修担当者らを前に、グローバル時代を勝ち抜くための経営のあり方や人材育成方法をテーマにパネル討論を展開。さらに、企業のエグゼクティブを対象とした早稲田大学ビジネススクールの新しいプログラム「EMBA Essence」の紹介が行われた。

早稲田の2人先生対LIXILの人事のプロ

 メーンのパネル討論は、「日本発グローバル経営のあるべきかたちとそれを支える人材育成」がテーマ。人事の専門家である八木洋介・LIXILグループ執行役副社長、ボストン・コンサルティング・グループ元日本代表の内田和成・早稲田大学ビジネススクール教授、ベストセラー書『ビジネススクールでは学べない世界最先端の経営学』の著者、入山章栄・早稲田大学ビジネススクール准教授の3人が、鼎談した。(以下は討論の要約)

入山氏入山氏
八木氏八木氏
内田氏内田氏

内田氏 モデレーターの内田です。今日の討論の前提として、グローバル化が進行する中、企業の経営が大変になってきているという実態がある。そこでまず、グローバル経営の視点から、日本企業はどうあるべきかという議論をしたいと思います。次に、グローバル時代に通用する人材の育て方や採用の仕方について意見交換し、最後に、人材育成のためにエグゼクティブプログラムが果たす役割について、それぞれ意見を述べていただきたいと思います。

日本企業、「強い人は少ない」

 まず八木さんから、今の問題意識をお聞かせ下さい。

八木氏 私はもともと日本の鉄鋼メーカーで18年間働き、その後、GE(ゼネラル・エレクトリック)に13年いました。外資系企業から日本企業をながめて思ったのは、日本の会社には良い会社が多いが、けっして強くはないな、ということです。働く人たちも、みんな良い人たちですが、強い人は少ない。そんな日本企業を、グローバル競争に勝つために強くしたいとの思いで、LIXILに入りました。

<< >>
バックナンバー

この連載の一覧
著者プロフィール