ゲーム・チェンジャーの競争戦略

第3回 ゲーム・チェンジャーの4類型

 (前回提示した)マトリクスに位置する4つのゲーム・チェンジャー─プロセス改革型、市場創造型、秩序破壊型、ビジネス創造型の具体例を見ていきます。 秩序破壊型(Breaker)  秩序破壊型…

第2回 新しい競争の台頭

異業種競争を「事業連鎖」で読み解く  異業種の参入やベンチャー企業の台頭により、これまで当たり前だと思っていたビジネスモデルが通用しなくな…

第1回 競争の土俵、相手、ルールが変わる

 早稲田大学ビジネススクール(WBS)の内田和成教授が新しい競争戦略論『ゲーム・チェンジャーの競争戦略』(日本経済新聞出版社)を刊行しま…

内田 和成プロフィール

東京大学工学部卒。慶慮義塾大学経営学修士(MBA)。日本航空を経て1985年ボストンコンサルティンググループ(BCG)入社。2000年6月から2004年12月までBCG日本代表を務める。さまざまな業界の大手企業を中心に戦略の策定・実行を支援するプロジェク卜を数多く手がけ、2006年には「世界で最も有力なコンサルタン卜のトップ25人」(米コンサルティング・マガジン)に選出された。2006年より現職。ビジネススクールで競争戦略やリーダーシップ論を教えるほか、エグゼクティブ・プログラムでの講義や企業のリーダーシップ・トレーニングも行う。また、三井倉庫社外取締役、キユーピー社外監査役なども務める。著書に『デコンス卜ラクション経営革命』(日本能率協会マネジメントセンター)、『仮説思考』『論点思考』(いずれも東洋経済新報社)、『異業種競争戦略』(日本経済新聞出版社)などがある。