マイケル・ジョーンズのハートに響く ビジネス英会話

経済的条件の交渉をうまく進めて、契約を取りまとめる

 交渉の最終段階では、金銭面の条件について話し合う必要があります。ここで苦労する日本のビジネスパーソンが少なくないようですが、これこそ取引の肝心な部分です。きちんとこなして、しっかりと契約を締結しまし…

交渉相手と良い関係を築く

 英語でビジネスの交渉をするのは、日本のビジネスパーソンにとってチャレンジでしょう。交渉を成功させるには、顧客や供給業者、パートナーなどと上…

ミーティングで決定に導くコツ

 会議で上手く決定に導くコツは、議題の焦点を絞りステップを踏んで進めることです。選択肢を話し合うのではなく、リストを作り、良い点と悪い点を比…

ミーティングで上手に意見を述べるコツ

 英語のミーティングでは直接的な言葉で積極的に発言します。基本的な英語表現を使い回しているビジネスパーソンが多いようですが、グローバルの現場…

会議を上手に仕切る

 会議での議長、プロジェクトチームや同僚との打ち合わせの司会進行など、ビジネスミーティングの司会はそれなりの責任が問われます。今回は、司会を…

論理的に要点を説明する~プレゼンテーション(2)

 プレゼンテーションの極意は、聴衆が理解しやすいように内容を伝えること。今回は、1)次の項目へスムーズに移行する方法、2)図表を使って分かり…

印象に残る結論と質疑応答の対処法~プレゼンテーション(3)

 プレゼンテーションで最も聴衆の記憶に残るのは、最後に聞いたこと。そのため「重要項目の要約」「インパクトを与える表現」「次の行動への提案」の…

冒頭で相手を引き込む方法~プレゼンテーション(1)

 プレゼンテーションでは、まずは聞き手の注意を引きつけ、話に耳を傾けてもらうことが大切です。今回は、同僚、上司、クライアントを相手にプレゼン…

「悪い知らせ」を上手に伝える~英語の雑談力を高める(16)

 日本では相手と良い関係を保つために、あまり深く考えずに謝ることがあります。しかし英語圏では、謝罪すると法的な責任に問われる事態に陥ってしま…

問題解決に取り組むための英語~英語の雑談力を高める(15)

 ベンジャミン・フランクリンの“Every problem is an opportunity in disguise. (災いのなかには必…

<< >>

マイケル・ジョーンズプロフィール

1971年英国生まれ。商社や国際営業などの英語上級者からフレッシャーズまで、企業内英語研修で5000人以上の日本人ビジネスパーソンを指導する人気講師。ケンブリッジ大学卒業後、レディング大学大学院で英語教授法を習得。欧州での勤務経験とタイでの英語教授を経て、1995年に来日。以後、数多くの日本企業でプレゼンテーション、ネゴシエーションなどのビジネスコミュニケーションスキルや異文化トレーニングを担当する。2007~11年まで英語学習情報誌「 AERA English 」にビジネス英語の記事を連載した。現在、グローバル人材育成コンサルタント、教育担当ディレクターとして活躍中(写真=遠藤健吾)。