TOEICスコアレベル別英語トレーニング法

この記事をはてなブックマークに追加 この記事をmixiチェックに追加
印刷
2015/5/15  (1/4ページ)

◇TOEICは単なる“モノサシ”に過ぎない

 前回は第7の壁:ライティングの壁突破法をご紹介しました。今回は「TOEICスコアの見方」と、「TOEIC公式問題集の効果的な活用法」をご紹介します。

 TOEIC is just a yardstick.

 皆さんはこの英文をどう訳しますか?「TOEICは、単なる“モノサシ”に過ぎない」です。これは、TOEICを発案した故北岡靖男氏が、英語でTOEICを語るときの決まり文句でした。

 北岡氏は68歳で世を去る直前、よくこんなことを言っていました。「英語の習得にはとても時間がかかる。その長い道のりを、励ますツールとしてTOEICを世に出した。ところが、“スコア”が自己目的化してしまい、励ますツールが、逆に元気をなくすツールになるケースが出てきた。残念でならない。」

 TOEICスコアは、Totalスコアのみで見ない

 皆さんは、スコアを見て「下がってしまった。がっかり。もう英語やめよう!」と思ったことはありませんか?スコアの見方を変えるだけで、前向きになれますよ。  

 以下、私が企業研修等でTOEICスコアを手にした人たちへのアドバイスです。

  1. Totalスコアのみを見て、上がった・下がったと一喜一憂しない
  2. ListeningとReadingを別々にみて、どちらかが上がっていれば良しとする
  3. ListeningとReadingの過去の最高点を足せば、そのTotalは下がることが無い

 TOEICは受験者を励ますツールとして発案されました。Totalスコアのみを見て、自分のモティベーションを下げることが無いようにしましょう。

<< >>
バックナンバー

この連載の一覧
著者プロフィール

この著者の連載一覧

  • TOEICスコアレベル別英語トレーニング法