新視点~スポーツのマネジメントに学ぶ

第8回 才能はショーウインドーによって発見され、移籍先で磨かれる

◇優秀なサッカー選手が欧州を目指すワケ  日本のプロサッカーでは、代表に選出される選手の多くが、いわゆる海外組である。こうなる、なってしまう理由は、優秀な選手が海外、とくに欧州リーグを目指すから…

第7回 NFLはなぜ大きな資産価値を産み出せるのか~戦力均衡のビジネスモデル

◇資産価値・世界のトップ20のうち12チームがNFL  この連載の第1回でも紹介したように、米誌Forbesが年に何回か、プロスポーツ…

第6回 スポーツ関係者が使い始めた「アントラージュ」って何?

◇選手の成功のための周りの人々(アントラージュ)は何ができるのか  アントラージュという言葉が、最近スポーツ関係者の間で使われるように…

第5回 実話版「マネーボール」の奇跡に学ぶ

◇改革の原動力「セイバー・メトリクス」は統計的手法  マネーボールという映画がある。2011年公開で、主演はブラッド・ピット。03…

第4回 頂点のすぐ下の底辺

◇代表強化のためのJリーグ?~理解できない不思議な論理  私がJリーグの経営諮問委員長に就任したのが1999年12月のクリスマスイブで…

第3回 スポーツの非常勤理事とドラッカーのマネジメントチーム

◇“非常勤”ばかりの種目別団体理事  今回取り上げるのは、スポーツの種目別全国団体、つまり日本サッカー協会とか、日本バレーボール協…

第2回 チームプレーとコミュニケーション~お家芸はなぜ廃れたのか

◇パスサッカーの終焉  2014年6月のサッカー・ワールドカップで、日本代表は予選リーグで敗退した。1分け2敗である。昔ならワール…

第1回 “非営利”なのに高収益な組織がある

◇日本のプロ野球のオーナーは企業。米国のオーナーは個人  連載第1回で取り上げてみたいのは、プロスポーツは営利か非営利かというテー…

武藤 泰明プロフィール

1980年東京大学大学院修士課程修了、三菱総合研究所入社。同社主席研究員を経て2006年より早稲田大学スポーツ科学学術院教授。NPO法人日本ファイナンシャル・プランナーズ協会理事、独立行政法人鉄道・運輸機構特別顧問なども務める。
著書は『ビジュアル経営の基本』『Q&A経営100の常識』『持ち株会社経営の実際』『経営用語辞典』(以上、日本経済新聞出版社)『プロスポーツクラブのマネジメント』『ファンド資本 主義とは何か』(以上、東洋経済新報社)『グループ経営7つの新常識』(中央経済社)『人手不足時代の人事戦略』(日本能率協会マネジメントセンター)『未来予測の技法』(PHP研究所)など多数。