仕事に効く「禅の言葉」

この記事をはてなブックマークに追加 この記事をmixiチェックに追加
印刷
2016/2/15  (1/3ページ)

 チームリーダーとしてプロジェクトを成功させている人は、同僚や後輩のモチベーションを上げ、上司との関係性もうまく築いている人が多いように思います。信念は持ちつつも、人間関係をうまく構築している人が、結果を出しているケースが多い。

 推進力のあるリーダーは、人と交渉して新たな道を築ける人であり、自分で何でもできる。いわゆる自分でエネルギーを発電しながら、タービンをぐるぐる回すような「自家発電型」です。自家発電型は、強い意志があって何が何でもプロジェクトを成功させるぞという信念があるからこそ、目標のためなら何でもでき、それが得意なのだとも思います。

 一方で、このような自家発電型ではない人もいます。人から指示を受けないと、動けないというタイプです。それは自家発電型より能力が劣っているかと言われればそうではありません。人にはそれぞれ得意不得意分野があり、自家発電型ではない人が、無理に自家発電型にならなくてもいいのです。

 自家発電型でない人には、他者とコミュニケーションをとるのが苦手な人もいるようです。そうした人から見ると、うまく立ち回る自家発電型の人は、上司にゴマをすり、周りに調子よく振る舞っているように感じられることもあるでしょう。しかし、それを批判的にとったり、「自分はゴマをすれないから、うまくいかない」などと思い込んだりすることはないのです。

>> 自分なりのやり方で成功に導く

<< >>
バックナンバー

この連載の一覧
著者プロフィール

この著者の連載一覧

  • 仕事に効く「禅の言葉」