実践ビジネス英語Q&A

この記事をはてなブックマークに追加 この記事をmixiチェックに追加
印刷
2014/2/13  (1/3ページ)

Q: 私が関わっている企画についてチームリーダーの同僚のデイブがメンバーに説明していたときのことです。分からないことがあったので、質問しました。するとGood question. と言ってくれたのですが、特に何も答えようとはしませんでした。

A: これは意外と日本人が間違えるフレーズなんです。Good question. と言うのは、それを質問してくれてよかった、また新しい議論が生まれるという意味の他にも別なニュアンスがあります。その辺りから説明してみましょう。

<解説>

 このフレーズには2つの意味が込められています。1つ目は「良い質問」です。2つ目の意味を考える前にgood には「よい」の他に「しっかりした」の意味があることをおさえておきましょう。例えばI got in a good fight. であれば「よい喧嘩」ではなく「しっかりした/すごい喧嘩をした」の意味になります。2つ目のGood question. はこの意味のgood で「しっかりした質問」つまり「自分が答えられない/答えにくい質問」のこと。おそらく同僚は2つ目のGood question. のつもりだったでしょう。

・それはいい質問ですね。
△ Good question…
* 「分からないなあ」というニュアンスがあります。語尾がはっきりせず、語調も強くなければ、そう取られるかもしれません。

〇Good question!
*「素晴らしい質問ですね!」。口調やボディランゲージで分かります。

〇 That's an interesting/excellent question.
*それは興味深い/素晴らしい質問ですね。

〇 I've never thought about that.
* それは考えてみたことはありませんでした。すなわち「素晴らしい質問ですね」

〇 Thank you for asking that question.
その質問をしてくださってありがとうございます。

>> 気をつけたい you を主語にした言い方

<< >>
バックナンバー

この連載の一覧
著者プロフィール

この著者の連載一覧

  • 実践ビジネス英語Q&A