実践ビジネス英語Q&A

この記事をはてなブックマークに追加 この記事をmixiチェックに追加
印刷
2013/3/14  (1/2ページ)

Q: 日ごろ親切にしてくれるデイブが、仕事でミスをして落ち込んでいます。何とか慰めたいと思い、「ドンマイ、ドンマイ」と言って励ましました。でも、本当にこれでよかったのでしょうか?

A: 日本ではスポーツの試合でミスがでたとき「ドンマイ、ドンマイ(気にするな)」と声をかけ合います。英語ではDon't mind.と書きますね。ただしDon't mind. だけでは、英語としては意味不明な英語になります。では解説を見ていきましょう。

<解説>

 まず「(失敗のことばかり)考えないで」という意味のことを話すのであれば、単にDon't mind.と言うよりは、Don't worry about it.がいいでしょう。

 さて、mindは実はなかなか奥深い単語です。正確な使い方をしっかり覚えましょう。

 Would you mind if I smoked? は英語を勉強するうえで頻出する例文です。直訳すれば「もし私が煙草を吸うと、あなたは気にしますか?」。これは丁寧に相手の許可を得る表現で「煙草を吸ってもよろしいですか?」の意味になります。

 mindの意味は「気にする」ですので、この問いは、答え方がひとつのポイントになります。

 答え方:「気にしますか?」から考えます。

 No, please go ahead.
 いいえ、どうぞ。

 I'm afraid I do mind.
 ごめんなさい、ちょっと…

 I'm sorry, but I'd prefer you didn't.
 ごめんなさい、悪いんですけど。

 またmindは次のような使い方もできます。

 I mind rain, but I don't mind snow.
 雨は嫌いだけど、雪は気にならない。

 I mind long speeches, but I don't mind long meetings.
 長い話はいやだけど、長い打ち合わせは気にならない。

 ※ I mind …, but I don't… は決まり文句。I mind …だけで使うことはまずありません。

 Don't mind me. なら「私のことはおかまいなく」

 例えば「お茶はいかがですか?」などの問いの答えになります。

 「1時間ほど遅れそうだ」と連絡して来た相手に I don't mind.であれば「大丈夫です」「いいですよ」の意味になります。

<< >>
バックナンバー

この連載の一覧
著者プロフィール

この著者の連載一覧

  • 実践ビジネス英語Q&A