実践ビジネス英語Q&A

この記事をはてなブックマークに追加 この記事をmixiチェックに追加
印刷
2014/2/20  (2/3ページ)

相手の話がピンと来ないとき、うかつな物言いに注意!

 相手の話を聞いてなかなかピンと来ないときがあります。それだけではなく、「これって本当なの?」とちょっと疑義を差し挟みたくなるときもありますが、相手が真面目であれば、あまりうかつな物言いは気をつけたいものです。

・ それはどうかなあ。
(×) It's a lie.
「嘘だね」

(×)Is it true?
「それ本当?」
* 疑いが前面に出ています。

(△)I don't think it's true.
「本当だとは思わないな」
* 少し疑義のニュアンスが薄められています。

(○)I'm a bit confused.
「ちょっと混乱しています」

(○)I don't quite follow.
「何かピンとこないんだけど」

(○)Give me a second to digest it.
 「ちょっと考えてみます」
* digestは「消化する」「要約する」の意味。「そのことを消化する/まとめるのにちっとだけ時間をください」ということ。

 ビジネス現場で頻出する表現のひとつは「あなたの意見は?」でしょう。「~したいと思いますが、どう思いますか?」という場面です。

・これについてあなたのご意見は?
(X)Teach me your opinion.
* 「あなたの意見を教えてください」のつもりかもしれませんが、teachは知識、方法など具体的な事柄を教える場合の動詞なので非常に不自然です。

(△)Tell me your opinion.
* 間違いというわけではありませんが、やや命令的なニュアンスがあります。Pleaseをつけてもあまりニュアンスは変わりません。

(○)What are your thoughts on this?
「この件についてあなたのご意見は?」
* ネイティブは「意見」というときにopinionではなく、よくthoughts を使います。

(○)What would you do (if you were me)?
「あなただったらどうしますか?」
* 「あなたが私だったら」という仮定法を使った丁寧な表現です。真摯に意見を求めるニュアンスがあります。

>> 自分の意見を言う強さの度合いを表現するには…

<< >>
バックナンバー

この連載の一覧
著者プロフィール

この著者の連載一覧

  • 実践ビジネス英語Q&A