実践ビジネス英語Q&A

この記事をはてなブックマークに追加 この記事をmixiチェックに追加
印刷
2011/11/10  (1/2ページ)

Q:Eメールなどで、appreciateという単語を見ます。重要とわかっていても、使い方がどうもピンときません。ぜひ使いこなしたいので、appreciateの正しい使い方を教えてください。

A:appreciateはEメールや改まった口頭表現によく使われる単語です。今ひとつ使いにくいようですが、この際、しっかりモノにしてください。

◇   ◇   ◇

 まず、語源から。ap(…に)preciate(値段をつけるーpriceから変化)ということで「値をつける」が原義。そこから、「(正当に)評価する(良さがわかる)」→「(評価して)感謝する」と意味が広がって行ったのでしょう。ここではビジネスなどで重宝する「感謝する」という表現に焦点を当てます。

 まず、3つの代表的な用法を覚えましょう。

1) 「appreciate + 名詞」:「人」を目的語にしないのでご用心。

  (Thank you.) I appreciate it.(どうもありがとう)

  We really appreciate your help.(あなたの助力に感謝いたします)

2) 「appreciate + A(人) doing」:Aの部分はA’sと所有格でもOK。

  I appreciate you(r) saying so.(そう言っていただき、ありがとうございます)

  We all appreciate you(r) accepting the blame.(あなたが責任を取ることを皆感謝しています)

3) 「appreciate it if S + V」:「丁寧な依頼」=~していただければ幸いです。

  We would appreciate it if you would explain it in more detail.(もう少し詳しく説明していただけるとありがたいのですが)

  I would appreciate it if you could send us the price list.(値段表をお送りいただけるとありがたいのですが)

>> 人を目的語にするのは間違い

<< >>
バックナンバー

この連載の一覧
著者プロフィール