ドラッカーさんはいいました――それは違う!

第7回 組織の階層が減ると上司の役割も減るというウソ

 知識創造社会では、企業は大きなチャレンジを受けます。その1つが、前に触れた「テクノロジスト」とドラッカーさんが呼んだ新しいビジネスパーソンの登場です。昇進よりも自分の専門を愛し、金銭的な動機づけ…

第6回 イノベーションの訳語は技術革新であるというウソ

 ドラッカーさんは、イノベーションについて多くの人が誤解していると指摘しています。まずもって日本語の言い換えが問題になります。  国立…

第5回 イノベーションはアイデア、発明であるというウソ

「イノベーションとは企業家による新結合である」  と定義したのは、大経済学者のヨーゼフ・シュンペーターでした。  彼は、 「企業家…

第4回 原価計算の精度を高めればコストが見えるというウソ

 ドラッカーさんは会計の世界でも次々と新しい概念を打ち出しました。EVA(経済付加価値)は米スターン・スチュワート社が開発した経営指標で…

第3回 これからの中心はインターネット企業が担うというウソ

 1999年の初春、日本経済はバブル後遺症からようやく立ち直りの気配を見せていました。しかも、その原動力は、インターネットの勃興でした。…

第2回 不況になったのは日本的経営が失敗したからというウソ

 ドラッカーさんに問うてみました。 「日本経済が不況になったのはなぜでしょうか」  私の質問の意図は、ひどくシンプルなものでした。第…

第1回 インターネットが歴史始まって以来の革命というウソ

「コンピューターやインターネットによって便利になったことが、革命そのものだと勘違いすべきではない」  ドラッカーさんは生前、インターネ…

ピーター・ドラッカーとの対話からイノベーションに関する誤解を解説

 本連載では、イノベーションに関するよくある誤解について7つのテーマを取り上げてピーター・ドラッカーとの対話に基づいて解説します。 …