部長のためのMBA講座

グローバル経営(8)ブルーオーシャン戦略、有望

 日本企業の国際競争力の低下が指摘され10年を超えますが、いまだに明確な処方せんは提示されていません。日本企業は、これまで海外では「ものづくり力」で成功をおさめてきました。しかし、近年このものづく…

グローバル経営(7)国ごとの文化的特徴理解を

 グローバルにビジネスを行う際、各国の文化に対する理解は必須です。文化には目に見えるものと、価値観や理念のように見えないものがあります。…

グローバル経営(6)労働単価より実生産単価重要

 企業は、産業の特性も考慮に入れつつ国際分業の最適化を考えます。国際分業を考える軸は大きく3つあります。まず研究開発・生産・戦略立案のど…

グローバル経営(5)投資戦略、産業特性で調整

 グローバル経営戦略論は戦略の中身が対象の「ストラテジー・コンテント」系、戦略の策定・実行の過程を扱う「ストラテジー・プロセス」系、企業…

グローバル経営(4)3つの戦略目標が重要

 今回は多国籍企業の組織戦略を見てみましょう。伝統的な多国籍企業の組織モデルとして「世界レベルでの調整の強弱」と「経営資源と組織能力を親…

グローバル経営(3)海外生産に「3つの優位」

 前回のプロダクト・サイクルモデルに加えてOLIパラダイムもおさえておきましょう。  英レディング大のダニング教授のOLIパラダイムは…

グローバル経営(2)直接投資の旧来理論崩れる

 国際ビジネスには諸理論があります。自国が比較優位を持つ財の生産に特化して他は輸入に頼るというリカードの生産比較優位による貿易モデルを学…

グローバル経営(1)海外進出、第3段階に

 国際ビジネスの知識は多国籍企業に勤める以外の人にも必要になっています。たとえば、すしの人気ネタのマグロも大西洋まぐろ類保存国際委員会(…

M&A(8)統合比率など、事前合意を

 最近のM&Aの話題として、経営統合が破談となった案件がいくつかありました。その一つがキリンホールディングスとサントリーホールディングス…

M&A(7)グローバル人材、育成を

 M&Aの成功のために必要な条件は何でしょうか。M&Aは支配権、経営権の移動を伴うので、株式時価総額(1株当たりの株価に発行済み株式数を…

<< >>