MBAはこう使う!

この記事をはてなブックマークに追加 この記事をmixiチェックに追加
印刷
2016/3/14  (1/3ページ)

 アフリカで医療支援事業を展開するNPO法人AfriMedico(アフリメディコ http://afrimedico.org/)。薬剤師でもある町井恵理代表(38)は、かつて青年海外協力隊として、アフリカで医療ボランティア活動に従事した。ところがそこで、自らの力不足を痛感。もっと貢献できるよう自分の能力を高める決意をし、帰国後にグロービス経営大学院で学び始めた。

■ボランティアのきっかけは大学時代のインド旅行だった。

 医薬品の研究者である父と薬剤師の母の影響もあり、大学は薬学部に進みました。在学中、バックパッカーとして友人とインドに旅行した時、マザーテレサの施設でボランティアを体験。孤児たちの身の周りの世話をしました。それがボランティアにはまったきっかけです。なぜはまったのか自分でもいまだによくわかりませんが、それを機に将来は本格的にボランティア活動にかかわりたいと思うようになりました。

 大学卒業後は、外資系製薬会社に就職してMR(医薬情報担当者)の仕事をしつつ、短期のボランティア活動を続けていました。しかし、短期だと自分した活動が正しいのか見直すことができず、長期でボランティアをしたいという気持ちに徐々に変化していきました。

 ただ、MRの仕事も面白く、結局、その製薬会社には約6年勤務。営業なので、頑張っただけ数字に表れて達成感を得ることができたのが、面白く感じたところです。

 しかし、やはりボランティアへの思いを断ち切れず、青年海外協力隊に応募しました。ところが、「薬剤師」の職種で応募したのですが、病院勤務の経験が少なかったため、不合格に。それで、「感染症対策」という職種に変更したら、2度目に合格しました。会社を辞め、西アフリカのニジェールに赴任しました。

 赴任までの道のりも簡単ではありませんでした。親にアフリカに行くことを伝えると、「戦争に送り出す気分だ」と猛反対されました。説得に2、3カ月かかり、親戚には黙ったまま日本をたちました。けれども、反対されても自分の意志を貫く覚悟があったからこそ、後に降り掛かった様々な問題に対しても負けずに乗り越えられたのだと思います。

<< >>
バックナンバー

この連載の一覧
著者プロフィール