【Web講座】金融緩和の経済学~MBA講義で知るビジネスの原理原則~

真の「成長戦略」のデザインは政府か民間か

選挙の政治経済学  参議院選は、事前の予想通り自民党の大勝となった。アベノミクスによって、これだけ経済のセンチメントに変化が起こり、実際に消費を牽引役として経済主体の予想と行動が変わり、経済パフォー…

いま真に求められる「投資」を促すためには

設備投資減税と法人税減税は本当に効果的か?  アベノミクスの次の焦点は、設備投資減税と法人税減税を今秋にどのくらい実行できるlegitim…

良いリスクを取ってマネージする姿勢が求められる

アベノミクスの三本目の矢  安倍政権の経済政策の三つ目である「成長戦略」が発表された後、それへの評価と金融市場への影響が多くのところで議論…

企業と金融機関も「レジーム・チェンジ」が必須!

金融機関も変わらなければいけない  5月の下旬以降、金融市場は主に以下の変化に見舞われた。 1)長期金利がかなり変動の激しい(…

金融緩和策は民間の資金循環に好影響を与えられるか?

金融緩和策の市場への影響を読み解く  昨年12月16日の総選挙による安倍政権の誕生、それに引き続いての本年3月20日の黒田日銀の発足、…

樋原 伸彦プロフィール

1988年東京大学教養学部卒、2002年コロンビア大学大学院博士課程修了(経済学Ph.D.)。東京銀行(現・三菱東京UFJ銀行)、コロンビア大学ビジネススクール日本経済経営研究所助手、世銀コンサルタント、通商産業研究所(現RIETI)客員研究員、サスカチュワン大学(カナダ)ビジネススクール助教授、立命館大学経営学部准教授などを経て2011年9月より現職。