私の履歴書 復刻版 松下幸之助

この記事をはてなブックマークに追加 この記事をmixiチェックに追加
印刷
2012/1/30  (1/2ページ)

 今回の「私の履歴書」では、昭和25年7月に、会社再建への道を歩み始めてから、四半世紀に近い昭和48年末までの期間を述べたが、その過程にはいろいろの波乱はあったにしても、今振り返ってみると、だいたいにおいて、高度経済成長の日本の歩みの中でのことであった。

 ところが、私が48年7月に相談役に退いて半年もたたぬ間に、予期せぬ石油ショックが起こり、世界も日本も大ゆれにゆれ、政治も経済も混迷の極に達した。私は先の会長退任のときのあいさつの結びとして「とらわれない心にたてば、風にも雨にもまた天気の場合にも、それに処する道というものは自由自在に生まれてくる。一つのことにとらわれてしまうと、天気のときはよかったけれども、雨のときには困る、風のときは困るというようなことになって、決して事業というものは成功するものではない」と述べたのであるが、それから数カ月して、雨風どころか日本全体が大暴風雨にさらされることになったのである。戦後30年にして日本の政治、経済、社会の各面にわたる甘えととらわれのツケが、一度にふき出してきたような感じであった。

 だから私としても、国情が急転しつつあるときだけに、経済人としてまた一国民として、これにいかに対処していくか、日本の国家の経営をいかに考えるべきかなどの問題についても、考え行動すべきことが山積みしているように感じたのである。そのことを書いていけば、これはこれなりでかなりのものになると思うのだが、紙数もようやく尽きたので、今回は一応ここで打ち切ることにしたい。

<< >>
バックナンバー

この連載の一覧
著者プロフィール