私の履歴書 復刻版 樋口広太郎

番外編 新・日本型経営の確立急げ(下)

 2001年1月に「私の履歴書」を執筆した樋口広太郎氏は、これに先立つ2000年5月、日本経済新聞朝刊の経済教室に「新・日本型経営の確立急げ」と題して、これからの日本企業へ熱いメッセージを寄せた。今か…

番外編 新・日本型経営の確立急げ(上)

 2001年1月に「私の履歴書」を執筆した樋口広太郎氏は、これに先立つ2000年5月、日本経済新聞朝刊の経済教室に「新・日本型経営の確立急げ…

最終回 未来をひらく 個性・情報・夢を大切に 済んだ事はくよくよせず

 小泉純一郎首相の要請を受けて、このたび、内閣特別顧問として日本の構造改革のお手伝いを始めました。小渕首相の時に経済戦略会議の議長を引き…

第29回 アメフト 母校・会社で応援に熱 廃部する企業に継続説得

 スポーツでは、アメリカンフットボールが好きです。ヘルメットと防具をつけた選手がぶつかり合うところは迫力満点ですが、体力の違いから日本人…

第28回 オペラ漬け 中学時代に習い虜に 新国立劇場の理事長就任

 私は年間50回以上、オペラ、バレエ、演劇を楽しみに劇場に足を運びます。1999年7月には、東京・初台にある新国立劇場運営財団の理事長に…

第27回 デザイナー 安藤氏に注文を連発 大山崎山荘修復に力注ぐ

 経営者として幸せな人生を送ってきましたが、デザイナーになっていたら、また違う面白さがあったのではないでしょうか。まあ、夢のような話です…

第26回 お目付け役 若き起業家らに共感 交流団体代表として応援

 刑務所を民間の会社が資金を出して作り、年間の使用料を法務省から受け取ると言ったら、驚く人が多いでしょう。従来、政府や役所がつくると思わ…

第25回 ブッチホン 旅先に議長就任要請 戦略会議、小渕氏が指導力

 夏休みに家族とハワイに行っていた時のことでした。ホテルが一軒しかない無人島のようなところに、突然、日本から電話がかかってきました。よく…

第24回 頼まれ事 畑違いも骨惜しまず 防衛懇、村山氏の人柄感動

 ここ数年は、藤沢周平さんが書かれた小説『三屋清左衛門残日録』を生き方の目安にしています。この小説の主人公、三屋清左衛門に共感するからで…

第23回 病の日々 がんの疑い 肝冷やす ぶらり旅でストレス解消

 「明るく元気に」をモットーにしてきましたが、住友銀行時代には病気のデパートのように、いろいろな病気を経験しました。胃潰瘍、盲腸、2度の…

<< >>