「プロがレッスン―デジタルフォトを楽しもう!」

「日経まナビ!大手町」、今度のテーマはデジタルならではの写真の撮り方・楽しみ方です。日経マガジンなどでおなじみの編集委員を講師に、デジタルフォトの基礎から応用、ちょっとしたTips(小技)までお届けします。


【第一回】 デジタルカメラ どれがいい? ――カメラ選びのガイド+撮影入門編――

ケータイ、コンパクトカメラから一眼レフまで百花繚乱(りょうらん)のデジタルカメラ。 「なんで一眼レフがいいの?」といった素朴な疑問や、「何のために写真を撮るの?」 という哲学的(?)な疑問にも答えながら、カメラと写真の世界へ入っていきます。
後半は「撮影のコツ・風景写真編」。「日経マガジン」や人気連載「文学周遊」などを題材に、空間の切り取り方(フレーミング)やレンズの選び方を学びます。

開催日 2010年11月19日(金)19:00~20:30
講師 写真部編集委員 嵐田啓明
申し込み締め切り日 2010年11月10日(水)
※申し込み多数の場合は抽選となります。抽選となった場合、もれた方にもメールでご連絡します。
※受講のご案内は、申し込み締め切り後、メールにてご連絡します。
講師のプロフィル

写真部編集委員
嵐田啓明
1950年8月福岡県生まれ、法政大学社会学部卒。小学生のときから写真を始め高校、大学ともに写真部所属。74年日本経済新聞社入社、写真部配属。ベルリンの壁崩壊後の東欧ルポ、ペルシャ湾へのPKO派遣による掃海艇同乗、ペルーの日本大使公邸人質事件取材など海外取材も多い。東京、大阪の写真部長を歴任後、編集委員として夕刊こころ面や日経マガジンなどで活躍中。取材でスペインのサンティアゴ巡礼の道800kmを歩いた。

当日の講座の様子


クリックして拡大

【第二回】 カメラの力を引き出そう ――デジカメの賢い使い方+撮影応用編1――

最近のデジカメは機能が満載。そのすべてを使う必要はありませんが、知っておくだけで写真の幅が広がるかも。アートフィルター、動画撮影、簡単なストロボの使い方……。いろんな撮影Tips(小技)も教えます。
後半は「撮影のコツ・ポートレート編」。家族、恋人、身近な人を撮るときは?写真とは「対話」です。いい表情を引き出すにはどうする?写真とは「光の扱い方」でもあります。人やモノを撮るのが楽しくなるはず。

開催日 2010年12月1日(水)19:00~20:30
講師 写真部編集委員 嵐田啓明
申し込み締め切り日 2010年11月18日(木)
※申し込み多数の場合は抽選となります。抽選となった場合、もれた方にもメールでご連絡します。
※受講のご案内は、申し込み締め切り後、メールにてご連絡します。
講師のプロフィル

写真部編集委員
嵐田啓明
1950年8月福岡県生まれ、法政大学社会学部卒。小学生のときから写真を始め高校、大学ともに写真部所属。74年日本経済新聞社入社、写真部配属。ベルリンの壁崩壊後の東欧ルポ、ペルシャ湾へのPKO派遣による掃海艇同乗、ペルーの日本大使公邸人質事件取材など海外取材も多い。東京、大阪の写真部長を歴任後、編集委員として夕刊こころ面や日経マガジンなどで活躍中。取材でスペインのサンティアゴ巡礼の道800kmを歩いた。

当日の講座の様子


クリックして拡大

【第三回】 撮った後も楽しむ ――デジタル写真の活かし方+撮影応用編2――

デジタルフォトフレームで飾る、iPadで持ち歩く、パラパラマンガにする…。 知ってはいるけど、何となくめんどうで試していないのでは?プリントする以外の楽しみ方を提案します。
後半は「撮影のコツ・スナップショット編」。 シャッターチャンスとは?構図とは?受講者に持ってきてもらった写真を見ながらスナップの極意を伝授します。目標はアンリ・カルティエ=ブレッソンor梅佳代…。

開催日 2010年12月14日(火)19:00~20:30
講師 写真部編集委員 嵐田啓明
申し込み締め切り日 2010年12月2日(木)
※申し込み多数の場合は抽選となります。抽選となった場合、もれた方にもメールでご連絡します。
※受講のご案内は、申し込み締め切り後、メールにてご連絡します。
講師のプロフィル

写真部編集委員
嵐田啓明
1950年8月福岡県生まれ、法政大学社会学部卒。小学生のときから写真を始め高校、大学ともに写真部所属。74年日本経済新聞社入社、写真部配属。ベルリンの壁崩壊後の東欧ルポ、ペルシャ湾へのPKO派遣による掃海艇同乗、ペルーの日本大使公邸人質事件取材など海外取材も多い。東京、大阪の写真部長を歴任後、編集委員として夕刊こころ面や日経マガジンなどで活躍中。取材でスペインのサンティアゴ巡礼の道800kmを歩いた。

当日の講座の様子


クリックして拡大
戻る  ページトップ▲

このサイトについて

日本経済新聞社について