目指せ!光のソムリエ 人間力アップの照明術

ここ1年ほどの節電生活の中、消費電力の少ない、これまでとは違うあかりが私たちの生活の中に溶け込んできました。日本のあかりのあり方が、街で、会社で、家で、少しずつ変わり始めてきたのではないでしょうか。
光がもたらす力は大きく、さまざまな場面や状況に最適なあかるさやあかりの種類を知ることで、仕事の能率をあげたり、リラックスする空間を作ったり、人間関係を良好にすることが可能になります。
本講座では、『日本の照明はまぶしすぎる』を昨年上梓した照明デザイナーの東海林弘靖氏を講師に招きます。人生をより上質にする照明テクニックや、誰でも簡単に始められるアイデアを紹介していただくとともに、光のテイスティングの実演を交えて人間力をアップし、スマートライフを満喫するための照明術を学びます。


開催日と申し込み締め切り日

開催日…2012年3月21日(水)19時~20時30分(開場:18時30分)
申し込み締め切り日…2012年3月12日(月)
※申し込み多数の場合は抽選となります。抽選となった場合、選にもれた方にもメールでご連絡いたします。
※受講のご案内およびお支払いの方法は、申し込み締め切り後、メールにてご連絡します。

コンテンツ

・美味しい照明
・美人照明
・ハードボイルドな光
・フライングソファ
・光の音楽

講師


東海林弘靖氏
東海林弘靖氏(しょうじ ひろやす)
照明デザイナー

1958年、福島県生まれ。照明デザイナー。工学院大学大学院建築学専攻修士課程修了。光と建築空間との関係に興味をもち、建築デザインから照明デザインの道に入る。90年より地球上の感動的な光と出会うために世界中を探索調査。アラスカのオーロラからサハラ砂漠の月夜など自然の美しい光を取材。2000年、LIGHTDESIGN INC.を設立。超高層建築のファサードから美術館、図書館、商業施設、レストラン・バーなどの飲食空間まで幅広い光のデザインを発表。国際照明デザイナー協会プロフェッショナル会員。主なプロジェクトに「二子玉川ライズ」(2011)「新千歳空港国際線旅客ターミナルビル」(2010)「象の鼻パーク」(2009)「座・高円寺」(2009)「パークハイアット北京」(2008)など。
著書『日本の照明はまぶしすぎる』(角川oneテーマ21)『デリシャスライティング』(TOTO出版)

当日の講座の様子

 クリックして拡大

戻る  ページトップ▲

このサイトについて

日本経済新聞社について