同時通訳者に学ぶ!英語ニュース聴解講座

私たちのビジネスを取り巻く環境はここ数年、非常に早いスピードで変化しています。特にグローバル化する現代では、仕事で「英語」が必要な局面が増えています。 グローバル時代に必要なのは、単に英会話や英文書作成スキルだけではありません。ビジネス戦略策定の前提となる生の情報を、海外メディアからダイレクトに仕入れることができれば、できるビジネスパーソンとして、あなたのレベルがひとつ上がることは間違いありません!

国内の経済情勢を追いかけるだけでも大変ですが、それ以上に難しいと思われがちな英語の経済ニュース。実はヒアリングにはポイントがあります。そのメソッドをわかりやすく解説します。 この講座では、日経CNBCなどで放送同時通訳者として最前線で活躍中の方を講師にお迎えします。同時通訳者ならではの仕事術も紹介しながら、アンテナを高くし、最新の情報をとらえるコツもあわせて伝授します。

開催日と申し込み締め切り日

開催日…2010年12月2日(木)19:00~20:30(開場18:30)
申し込み締め切り日…2010年11月22日(月)
※申し込み多数の場合は抽選となります。抽選となった場合、選にもれた方にもメールでご連絡いたします。
※受講のご案内およびお支払いの方法は、申し込み締め切り後、メールにてご連絡します。

協賛


協力


講師プロフィル


鶴田知佳子氏
株式会社コミュニケーターズ  同時通訳者・放送通訳講師  鶴田知佳子氏

東京外国語大学教授(国際コミュニケーション・通訳専修コース)。NHK衛星放送、CNNの同時通訳者、会議通訳者。AIIC(国際会議通訳協会)会員。CFA(アメリカ公認証券アナリスト)。小学生後半のアメリカ滞在など海外在住経験12年。金融業界で10年の勤務経験の後に通訳者となり、目白大学助教授を経て現職。著書に『よくわかる逐次通訳』(東京外国語大学出版会、共著)『リーダーの英語』(コスモピア、共著)など。

鶴田知佳子氏メッセージ・コラム

日吉慶子氏
株式会社コミュニケーターズ 放送通訳講師  日吉慶子氏

愛媛県松山市出身。国際基督教大学卒。高校、大学での留学と、テレビ局のニューヨーク支局員時代を含め滞米年数はおよそ7年。通訳としての初仕事は1964年の東京オリンピック。ニューヨーク支局員時代には、アポロ13号の事故、原爆25周年では、通訳を兼ねての街頭インタビューも。
1988年10月からCNNの放送通訳の仕事を中心にフリーの通訳者として仕事に復帰。2002年4月に創設開設したコミュニケーターズの土曜学校の『放送同時通訳ワークショップ』の講師として、これまでに多数の受講生をプロの放送同時通訳者として送り出した。妥協を許さない厳しくも温かい指導と、一人ひとりに対するきめ細かなフォローで受講生の圧倒的な支持を得ている。

株式会社コミュニケーターズとは
単なる言葉のスペシャリストは要らない!大切なのは、言葉ではなく、そこに込められたメッセージや誠意を伝えること。常に、顧客に寄り添い、顧客のニーズに的確に応えられるコミュニケーション・スペシャリストの養成にこだわりつづけ、クオリティの高い通訳・翻訳サービスで社会への貢献を目指しつづける。その根幹となる『通訳養成講座』『放送同時通訳ワークショップ』で学んだスペシャリストたちが、プロの現場で、多数活躍中。そのノウハウを共有すべく、各機関との連携・共催などでも精力的に活動中。

主なプログラム

  • 英語ニュースのヒアリング、なぜ難しい?
  • 対応策とは?
  • 目標をたてて仕事にのぞもう~どこまでできるようにするのか、自分で目標をたてる
  • トピックとなる経済・金融に対して関心を持とう
  • 英語で2カ国語放送を聞けるようになるにはどうすればよい?
実際に同時通訳を行った経済ニュース番組を題材にしながら生きた英語を聞きとるコツを解説します。

当日の講座の様子


クリックして拡大

戻る  ページトップ▲

このサイトについて

日本経済新聞社について