90分でわかる資産形成~20年後に勝ち組になる5つのマネー法則

消費増税や物価上昇、NISA(少額投資非課税制度)の導入など、「お金」を巡る環境は激変。きちんとしたマネー知識を持っているかどうかが、資産形成に大きな差をもたらします。リスクを抑えながら、世界経済の成長を長期的にゆっくりと享受していく投資スタイルを紹介します。
資産形成でカギとなるのは投資だけではありません。公的な医療制度や年金制度において、知識がなくて申請しないために「もらい忘れ」になっていることはたくさんあります。さらに、民間の生命保険などの出費をいかに抑えるかも大事です。①リスクを抑えた投資②社会保障の徹底活用③保険などの支出の効率化――という「三位一体」のマネー知識をぜひ身につけましょう。

主なプログラム

<お金の殖やし方>
  1. NISAで生かす「失われた20年」でも資産が倍に増えた投資法
  2. 知られざる為替の知識と、「悲しき投機家」ミセスワタナベ
  3. 「もらい忘れ」が膨大に発生。もったいない社会保障制度
  4. 投資すればなぜか税金が減る仕組み
  5. 保険見直しで数百万円の負担減

開催日と申し込み締め切り日

開催日…2013年12月11日(水)19時~20時30分(開場:18時30分)
申し込み締め切り日…2013年11月29日(金)
※申し込み多数の場合は抽選となります。抽選となった場合、選にもれた方にもメールでご連絡いたします。
※受講のご案内およびお支払いの方法は、申し込み締め切り後、メールにてご連絡します。

講師


日本経済新聞社 編集局 生活情報部 編集委員 田村正之

日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)、ファイナンシャルプランナー(CFP)、立正大学非常勤講師。著書に「月光! マネー学」「しぶとい分散投資術」。田村優之の筆名で執筆した小説で開高健賞受賞。近著に経済小説「青い約束」など。

協賛


当日の講座の様子


クリックして拡大

戻る  ページトップ▲

このサイトについて

日本経済新聞社について