90分でわかるヒット商品づくりの思考法

ドラッカーが指摘する「顧客創造」なくして企業の成長はありえません。そのために重要なのがヒット商品の開発です。「ヒットを生むのが難しくなった」というビジネスパーソンの嘆きが近年よく聞かれます。しかし、ヒットは着実に生まれ「日経MJ ヒット商品番付」などで社会的にも大きな注目を集めています。なぜヒットしたのか。共通する点があります。この講座では日経MJ、日経トレンディの記者としてマーケティングを取材してきた講師が、2013年の商品を事例に初心者にも分かりやすく解説します。

主なプログラム

<初心者必聴!ヒットづくりの基本>
  1. 「2013年日経MJヒット商品番付」に見るヒットの要因
  2. 「その手があったか!」ライバルが悔しがるアイデア思考法
  3. 毎日の新聞 見える人には見える「イノベーションのヒント」
  4. ジョブズ氏のプレゼンも「あまちゃん」、「半沢直樹」のヒットもこの方法!
  5. 説明は10文字

開催日と申し込み締め切り日

開催日…2013年12月18日(水)19時~20時30分(開場:18時30分)
申し込み締め切り日…2013年12月5日(木)
※申し込み多数の場合は抽選となります。抽選となった場合、選にもれた方にもメールでご連絡いたします。
※受講のご案内およびお支払いの方法は、申し込み締め切り後、メールにてご連絡します。

講師


日本経済新聞社 人材・教育事業本部 研修・解説委員 雨宮秀雄

日経MJ(流通新聞)、日経トレンディ記者、日経産業消費研究所主任研究員としてマーケティング、消費トレンドの取材、研究活動に従事。放送大学大学院修士課程(政策経営プログラム)修了。地域ブランド論を研究。修士(学術)。慶應義塾大学講師(非常勤、セルフブランディング文章術など担当)。日本マーケティング学会会員。大学、企業、自治体商工会議所の研修講師として500回超の経験を重ね、分かりやすい解説、指導には定評がある。担当する研修テーマは「ヒット商品を生み出す カチトレ!(顧客価値創造トレーニング)」(4時間)、「顧客との関係を深める ビジネス雑談力の高め方」(3時間)など。

協賛


当日の講座の様子


クリックして拡大

戻る  ページトップ▲

このサイトについて

日本経済新聞社について