もうひとつの自分をみつけよう~「2枚目の名刺」を持つ働き方

 日本のフットサルのトップリーグであるFリーグ。今年から参入した「フウガドールすみだ」は、地元の東京都墨田区の活性化を活動目標のひとつに掲げています。
クラブの裏方を支えるスタッフの多くは会社員です。彼らは会社の名刺とは別にフウガすみだの名刺を持ち、平日夜や休暇を使ってフットサル教室の企画・運営やスポンサー企業の募集などで汗を流しています。なぜ、彼らはボランティアとしてクラブの運営にかかわるのでしょうか。ビジネスパーソンが「2枚の名刺」を持つことで「もうひとつの自分」をみつけられるからです。

「日経まナビ!大手町」では、フウガすみだの取締役 営業部長である堀尾司氏を講師に招き、スタッフがどのような想いを持って参加しているのかを語ってもらいます。後半では、日本能率協会の深代達也・主管研究員が加わり、ビジネスパーソンが2枚の名刺を持つことが本人だけでなく、会社にとっても意義がある理由を解説します。

開催日と申し込み締め切り日

開催日…2014年12月25日(木)19時00分~20時30分(開場:18時30分)
申し込み締め切り日…2014年12月15日(月)
※申し込み多数の場合は抽選となります。抽選となった場合、選にもれた方にもメールでご連絡いたします。
※受講のご案内およびお支払いの方法は、申し込み締め切り後、メールにてご連絡します。

プログラム(予定)

19:00-19:05 セミナーの概要と配布資料の説明、講師紹介
19:05-19:15 フウガドールすみだの紹介
19:15-20:00

堀尾氏の講演
~これまでのキャリア、フウガドールすみだのスタッフとして活動している会社員、会社員がプロスポーツビジネスにかかわる意味

20:00-20:30

堀尾氏と深代氏の対談
~会社員が2枚の名刺を持つメリット、2枚の名刺を持つ会社員が周囲に与える影響、会社経営と働き方の関係、会場からの質問とそれに対する答え


受講料

1,000円(税込み)

協力


講師


堀尾司氏

フウガドールすみだ 取締役 営業部長
堀尾司氏

1994年にリクルート入社。2004年にソフトバンクBBに転じる。ソフトバンクモバイル、ソフトバンクテレコムも兼務し、組織人事課長として営業部門や技術部門を担当。2012年 グリーにて、国内の制度設計・研修・組織活性化の責任者を歴任。2010年よりフットサルクラブの運営会社である風雅プロモーションの取締役を兼任し、営業部門を統括。


深代達也氏
日本能率協会主管研究員
深代達也氏

日本能率協会総合研究所にて、バランスト・スコアカードや人事革新・組織活性を中心としたコンサルティング&人材育成に従事。同研究所経営コンサルティング部長を経て「人と組織の可能性の最大化」を使命とする株式会社可能性コンサルタンツを設立。その後、現職。

お申し込みには日経IDが必要です。
戻る  ページトップ▲

このサイトについて

日本経済新聞社について