親子で考える女性のキャリア~
娘に薦めたい「学生時代のジブン磨き」

女性の社会参画が本格的に進み、女性の活躍の場が広がっています。ただ、将来、社会で活躍しようとする志を持っている女子学生はそれほど多くいないようです。「出産・育児をこなしながら仕事を続けるのは大変」との思いから、責任のある仕事に就きたくないと考えているのかもしれません。
一方、目を社会に向けると、労働力人口が減少の一途をたどることは確実で、夫が外で稼いで妻が専業主婦になるというライフタイルを選ぶことは難しくなっています。年功序列制度や終身雇用制度そのものが変化してきており、男性1人の給料では、必ずしも家庭を十分支えることができない時代にもなっています。

「日経まナビ!大手町」では、これからの女性の将来やキャリアを親子で考える講座を用意します。親の学生時代と今とでは、女子学生が置かれている環境は激変しています。そのことをまず理解し、娘にどのような支援ができるのかを考えます。
カリキュラムでは、なぜ専業主婦になることが難しくなっているのかを解説し、女性が果たすべき役割を参加者と議論します。学生時代に自分を磨くことの重要性を伝え、新聞などを通じて親子が社会について考えるきっかけにします。参加者同士が交流する場を設け、日経を中心とした友人の輪も広げてもらいます。

軍師官兵衛

開催日と申し込み締め切り日

開催日…2014年5月13日(火)18時30分~20時30分(開場:18時00分)
申し込み締め切り日…2014年4月25日(金)
※申し込み多数の場合は抽選となります。抽選となった場合、選にもれた方にもメールでご連絡いたします。
※受講のご案内およびお支払いの方法は、申し込み締め切り後、メールにてご連絡します。

プログラム(予定)

18:30-18:45 アイスブレイク~参加者同士が打ち解ける簡単なゲーム
18:45-19:30 女子学生が置かれている状況~親の時代と今との違い
19:30-20:15 娘にしてあげられること~学生時代にしておくべきこと
20:15-20:30 交流会

企画協力


講師


古川裕倫氏
彩志義塾代表理事
古川裕倫(ふるかわ・ひろのり)氏

「世田谷ビジネス塾」塾長
「女性幹部を目指す学生のための本気塾」塾長
三井物産に23年間勤務(エネルギー本部、情報産業本部、業務部投資総括室)、内ロサンゼルス・ニューヨークに10年間勤務。ホリプロ取締役経営企画室などを歴任。著書に「一生働く覚悟を決めた女性たちへ」(扶桑社) など。

園田雅江氏
彩志義塾理事
園田雅江(そのだ・まさえ)氏

外資系企業で 人事・管理・財務部門に従事。社会保険労務士の資格取得後 独立開業。人事コンサル、キャリアカウンセリングなどの経験多数。就活生及びその親向けのサービスを多数実施。採用支援事業も手がける。著書に 「ウチの子内定まだなんです」(日本経済新聞出版社)など。

当日の講座の様子


クリックして拡大

戻る  ページトップ▲

このサイトについて

日本経済新聞社について