【著者が解説】収益性を高めてくれる「本当のお客様」の見つけ方

第5回 「改善プラン」を構築/実践する

1 目標KPIを設定する(事業計画書を作成する)  「マーケティング活動」の改善プランを構築するには、まず事業計画書を作成し、目標収益と目標収益達成のための目標KPIを設定します。翌年度以降の「…

第4回 「顧客調査」から課題/教訓の本質を捉える

1 「顧客行動」の背景にある様々な可能性を突き詰める  「顧客行動課題」「顧客行動教訓」を捉えることができたら、それらの背景にある「顧客意…

第3回 「自社データ」から課題/教訓を捉える

1 「自社データ」を整理する  「マーケティングROI視点の事業分析」を行うには、まず蓄積された「自社データ」を整理する必要があります。使…

第2回 「自社データ」を活用した新しいマーケティング

「マーケティング4P発想」から「顧客発想」へ  「マーケティングROI視点の事業分析」の詳細について紹介する前に、これまでのマーケティング…

第1回 「自社データ」は収益性を高める「知恵」の宝庫

不十分な「自社データ」の分析が多くの機会ロスを生んでいる 「広告/販促予算は、どのくらいが適正なのか」 「市場で勝つためのマーケ…

儲かる顧客構造をつくる新しいマーケティングとは

 「収益を伸ばすために、今やらなければならないマーケティングは何か」  この問題に対して常に“正解”を出し続けることが経営者やマーケッ…

櫻木 裕之プロフィール

1973年生まれ。1996年上智大学理工学部卒。 日商岩井(現・双日)、ソニーを経て、2000年に博報堂入社。 マーケティングROIを駆使したコンサルティングに従事。事業、マーケティング、統合プロモーション、インタラクティブなどの各種戦略構築からキャンペーンプランニングに至るまで、幅広い事業課題の解決を手掛ける。通信販売はもちろん、食品・流通・通信・金融・アパレルなどの業界において、「自社データ」を活用したマーケティングのコンサルティングに実績を持つ。