【Web講座】「共創マーケティング」の時代へ~「ソーシャル」で激変する市場戦略~

最終回 “ソーシャル離れ”“ソーシャル疲れ”を超え、真の「共創マーケティング」を実現するには?

日本のソーシャルメディア・マーケティングは曲がり角?  企業・団体のマーケティング活動において、ソーシャルメディアが重要になっていることは、至るところで強調され続けてきたし、本連載でも何度も強…

第16回 企業は社員のソーシャルメディア利用にどう関与していくべきか

 ソーシャルメディア・マーケティングについて、これまで企業と生活者の関係が変わるということについて様々な観点から述べてきた。本稿では、企業と…

第15回 消費者行動を変化させるソーシャルメディアの影響力

 前回は、日本企業のソーシャルメディア利用実態について、調査結果や現場責任者の声を取り上げながら解説してみた。課題はあるものの、日本企業でも…

第14回 日本企業で着実に広まるソーシャルメディア/リスニング活用

 連載第13回では、ソーシャル時代のマーケティングリサーチで起きている変化について触れ、「社会(ソーシャル)に共有される」多様な情報を活用し…

第13回 ソーシャル時代のマーケティングリサーチは「ビッグデータ」の活用がカギ

 前回まで3回にわたって、ソーシャル時代のメディアの新たな可能性について考えてきた。ソーシャルメディアの発達は、様々な業界において、これまで…

第12回 テレビ番組におけるソーシャルリスニングの可能性

 連載第11回では、ソーシャルメディアを介したテレビ視聴(ソーシャルビューイング)におけるエンゲージメントについて紹介した。  本稿では、…

第11回 テレビ×ソーシャルで生まれる日本流エンゲージメント

 連載第10回ではテレビの可能性を大きく引きだす概念として、視聴者がリアルタイムに同じ番組を見ながら、ソーシャルメディアを使って体験を共有し…

第10回 ソーシャルメディアが切り開くテレビメディアの新たな魅力

 ソーシャルメディアの登場によって生活者の意識や行動、あるいは消費者という立場で生産者たる企業との関わり方が大きく変化してきた。そのことは第…

第9回 ソーシャル時代のイノベーションのつくりかた

 私は電通ソーシャルメディアラボに所属しているが、普段は電通総研という部署で、企業のイノベーションをどのように創り出していくか、という仕事を…

第8回 2つのソーシャル──CSVから考えるこれからの企業活動

 我々は電通ソーシャルメディアラボという社内横断組織で活動していて、ソーシャルメディアのことを「ソーシャル」と略すことが多い。一方で、社内に…

<< >>

電通ソーシャルメディアラボプロフィール

ソーシャルテクノロジーの浸透とともに、人々の「社会志向」、「つながり志向」が急速に進行しています。生活者の「ソーシャルパワー」は社会を動かす大きな力を持ちはじめました。そうした時代において、企業やブランドは、どのようにして新たな価値を生み出していくべきでしょうか。電通のソーシャルメディアラボが豊富な事例をもとにさまざまな視点から分析します。