BCGの特訓

この記事をはてなブックマークに追加 この記事をmixiチェックに追加
印刷
2016/2/19  (1/5ページ)

なぜ、成長のドライブがかかったのか

 一般的には、マインドセットは短期間では変えられないとも言われている。しかし、それは本当だろうか。今のマインドセットがどのようにして形作られてきたのかを考えると、それはこれまでの経験をベースに培われてきたものであることがわかるはずだ。

 当然のことながら、我々は日々新たな経験を積み重ねている。したがって、経験をベースにした「気づき」があれば、マインドセットを変えることは十分に可能だ。

 作業者・フォロワーからリーダーに変われるかどうかは、一概に能力の違いによるものとは言えない。実行力や実務能力が高く、作業者としては優秀であっても、まったくブレークスルーせず、いつまで経ってもリーダーになれない人もいる。

 たくさん努力し、実践を積めば、ブレークスルーのための「気づき」や「きっかけ」を得られる確率は上がるが、それでは確率論にしかならない。では、どうすればいいのか。

 BCGにおいて、大きな成長を遂げたコンサルタントに話を聞いてみると、その行動様式にいくつかの共通項があることがわかってきている。最近は、育成する側として、そういった「共通項」となる経験を意識的に作り出すようにしているし、育成される側にも明示的にそういった行動を意識するように伝えている。

 それは大きく、以下の4つに分けられる。ロジカルに言うとこの4つはいわゆるMECE(漏れなく、重複なし)な区分にはなっていないが、経験則を言語化したものとしてご容赦いただきたい。

>> クライアントと対峙する場に飛び込む――成長する経験①

<< >>
バックナンバー

この連載の一覧
著者プロフィール