ワークショップはじめの一歩

第8回 フレームワークを使ったお手軽ワークショップ

◇「GROW」を使って煮詰まった問題を考える  前回は、付箋という便利な道具の使い方をご紹介しました。他には、A4紙、マーキングシール、デジカメ、キッチンタイマー、クリップボード、養生テープ…

第7回 小さな紙切れから「創発」が生まれる

◇予期せぬことが起こるべくして起こる  ホンネの対話を繰り広げるワークショップでは、会議よりも創発が起こり易くなります。  人は…

第6回 遊び心あふれるビジュアル・ミーティング

◇話し合いを「見える化」して、空中戦を地上戦に  退屈な会議を活気あるワークショップに変える一番の方法。それはビジュアルの活用です…

第5回 問いを使って参加者の力を引き出す

◇みんなが本気で取り組むかどうかは議題次第  今回はクイズから始めます。  あるメーカーの設計部では、本社から割り付けられた成果…

第4回 会議のチェックイン、チェックアウトって何?

◇アイスブレイク(緊張をほぐす)つもりがアイスメイク(気まずい空気)に  大抵のワークショップは「アイスブレイク」から始まりま…

第3回 話し合いには食べごろのサイズがある

◇「何か質問はありませんか?」というむなしい響き  今日は年に一度の部の方針説明会の日。会社の年度方針を受けて、管理職みんなで智恵…

第2回 模様替えをすれば、振る舞いも変わる

◇対立が激しい国際会議の最終局面で起こった奇跡  数年前、海外のある都市で地球温暖化に関する大きな国際会議が開かれました。 …

第1回 心のドレスコードを変えればホンネは飛び出す!

◇一体、誰のための、何のための会議なのか?  皆さんが普段やっている会議(話し合い)は上手くいっていますか?  ファシリテー…

堀 公俊プロフィール

1960年神戸生まれ。組織コンサルタント。大阪大学大学院工学研究科修了。1984年より大手精密機器メーカーにて、商品開発や経営企画に従事。 1995年より経営改革、企業合併、オフサイト研修、コミュニティ活動、市民運動など、多彩な分野でファシリテーション活動を展開。ロジカルでハートウォーミングなファシリテーションは定評がある。2003年に「日本ファシリテーション協会」を設立し、研究会や講演活動を通じてファシリテーションの普及・啓発に努めている。近畿大学非常勤講師。
著書に『ビジネスフレームワーク』(日本経済新聞出版社)、『アイデア・イノベーション』(共著、日本経済新聞出版社)、『チーム・ファシリテーション』(朝日新聞出版)など多数。日経ビデオ『成功するファシリテーション』(全2巻)の監修も務めた。