「優秀社員」の法則

この記事をはてなブックマークに追加 この記事をmixiチェックに追加
印刷
2015/11/11  (1/4ページ)

13・暗黙の前提条件をわかっている

 中堅の食品商社で研修をしたときのこと。社員の中に、「僕はすごく『優秀』だ」と自負している人がいました。

 その会社が取り扱っているのは穀物で、国内に7店舗を持つ専門商社。売り上げは700億円です。これを基に「新しい事業を考えてください」と言ったところ、彼はその前提条件を無視して「メキシコに会社をつくり、そこで商品を仕入れて、北米に売りましょう」と自信たっぷりに言い出したのです。

 そもそも、その会社は国内にしか拠点がありません。それでも「まずはメキシコです」と言い張る。なぜなのかと思い、話を聞いてみると、彼自身が以前、有名な穀物商社のメキシコ支社で働いていたから、ということでした。

「優秀」と自覚する人の中には、こういった発言を無意識にする人がいます。中には自分の「優秀さ」を示すために、あえて前提を飛び越える人もいます。会社の前提条件を越えるくらい僕は「優秀」です、というわけです。しかし、それはいただけません。

 ラーメンのチェーン店で、社長が「今の発想を捨て、新しい観点でプランを考えろ」と言ったとします。そこで、「明日からとんかつ屋をやりましょう」と提案する社員がいたとしたら? 社長からは「ちょっと待て、そもそもうちはラーメン屋だろ」と呆れられてしまいます。

>> 示されない条件はきちんと考えておく

<< >>
バックナンバー

この連載の一覧
著者プロフィール

この著者の連載一覧

  • 「優秀社員」の法則