日経Bizアカデミー

グローバルマーケティング講座
成長戦略のためのサスティナブル・イノベーション
事業の成長を維持しながら同時に環境・エネルギー問題に対応することは、様々な矛盾をはらんでいます。どう折り合いをつけるかは、一企業のみならず、国家的、世界的に重大なテーマです。一方、この分野に先進的に取り組んでイノベーションを起こせれば、社会への貢献と事業の成長を実現できる大きなチャンスになります。この連載では、社会への貢献と事業の成長を両立させ、強固なブランドを構築するための経営戦略について、日本コカ・コーラ社の事例を通していくつかの角度から検討します。
第1回総論 日本企業がリードすべきサスティナブル・イノベーション
第2回、第3回共通テーマ:日中消費電力を最大95%削減する「ピークシフト自販機」 第2回 ケース・スタディー メディアの拡張による社会貢献ベースの価値マーケティング戦略 第3回対談
第4回、第5回:使った水をすべて自然に還す「ウォーター・ニュートラリティー」 第4回ケース・スタディー 第5回
Webとリアルセミナーで学ぶグローバルマーケティング講座 スケジュールイメージ
Backnumber 昨年のリアルセミナー受講風景「消費者に訴求する価値とは何か?コモディティー化市場におけるマーケティング戦略をひもとく」
コモディティー化が進展した21世紀型市場の縮図として、世界の注目を集める日本市場。「グローバルマーケティング講座」では、変貌する企業と消費者の関係をとらえる新たなマーケティングのフレームワークを、早稲田大学商学学術院教授、恩蔵直人氏と守口剛氏により全6回の講座でひもといていきます。 世界・アジアを牽引する日本コカ・コーラ社の事例を通して検討し、次世代を担う若手ビジネスパーソンのスキルアップをサポートしていきます。
 
 

このサイトについて

日本経済新聞社について