ありのままの自分で始めるマイスタイル起業

この記事をはてなブックマークに追加 この記事をmixiチェックに追加
印刷
2015/7/8  (1/4ページ)

■マイスタイル挨拶状を送ろう!

 いくら起業をしても、それが周囲=見込み客に伝わらなければ、いつまでたっても仕事はやってきません。

 まずは、起業し、新たに何らかの仕事をスタートさせた!そのことをちゃんと伝える必要があります。

 この場合、はがきを使うか、メールを使うか? それぞれ長所短所はありますが、ここではeメールを使って、すでに知り合っている人や、前職時代の関係者に送る挨拶文を考えてみましょう。

 私の教え子、マナー講師の原田正美さんを事例に、実際の挨拶文を作ってみましょうか?

 <文例>

 原田正美です。ご無沙汰しています。
 ×月×日。船出をしました。同僚も、上司も、部下もいない、たった一人でのスタートです。

 ↑シガラミもない、自由な起業をしました!という解き放たれた喜びを伝えます。

 仕事内容は、実になるマナー講師。お金をかけずに、よいお客さんが集まる方法を本気で考えたい方に特化した“マナー講師”です。

 ↑得意領域をハッキリと示すことで、お付き合いしたい相手を絞り込んでいます。

 たった一人だからこそ、シガラミもなく、自由奔放に動いていきたいと思います。
 私が目指す方向に関して、○○さんのご意見をぜひ伺わせていただきたいと思っています

 ↑会いに行く口実です。

 また改めてご連絡を差し上げます。どうか、見守っていただけると嬉しいです。

注:1人で生きていく覚悟! それを伝えたとき、熱い仲間が集まってきます。

>> 絶対必要!プロフィールシートのつくりかた

<< >>
バックナンバー

この連載の一覧
著者プロフィール

この著者の連載一覧

  • ありのままの自分で始めるマイスタイル起業