私の履歴書 復刻版 竹鶴政孝

この記事をはてなブックマークに追加 この記事をmixiチェックに追加
印刷
2015/2/26  (1/2ページ)

北海道工場の雪景色北海道工場の雪景色

 昭和9年(1934年)から11年(1936年)にかけては、天皇機関説の問題化や二・二六事件など世相も戦争拡大の方向に激しく動いていたが、工場をつくった北海道余市の町でも大きな異変が起こっていた。

 ニシンの千石場所として大漁を誇っていた余市に、ニシンがばったり来なくなったのである。ニシンの大群が押し寄せたときの光景は、目撃したもののほかは、まず理解できないであろう。産卵期のニシンは、白子で海一面を真っ白にしながら、群れをなして波打ちぎわに押し寄せる。先頭のニシンは、続くニシンに押されて引き返すことができず、つぎつぎと海岸に飛び上がり、銀色のウロコをキラキラさせながら砂の上で乱舞を続けるのである。

 このときは、漁師が活躍するのはもちろんであるが、町の人も総出で海岸に集まり、バケツでニシンをすくい上げる。私がこれを、昭和9年余市で見たのが最初で最後になったのである。そして千石場所といわれた余市から、ニシン景気は去っていった。

 ニッカの北海道余市工場で、会館と呼んで集会所に使っている建物は、むかし殷賑(いんしん)をきわめた網元たちが、競ってつくったニシン御殿だった。ニシン景気の去っていったあとニッカが譲りうけ海岸からそのまま建て移したものである。

 幸い、仕込んだ原酒は四季の移り香をじっくり呼吸しながら順調に育ってくれていた。先に出したリンゴジュースの売れ行きが悪くても、貯蔵庫にはいってウイスキーの熟成を見ていると身も心も静まりかえる感じであった。

 昭和12年(1937年)10月に売り出したアップル・ゼリー、グレープ・ゼリーは、アップル・ソースとともにウイスキーへのつなぎの商品であった。その翌年に出したアップル・ワインはニッカ独特の製品で、今でもニッカの製品群の一つとなっている。

 昭和15年(1940年)の秋、ぎざぎざの線のはいった角びん、ニッカウ井スキーの第1号を発売した。ニッカという商品名は、当時の社名の大日本果汁の略、日果からとったものである。

 ニッカの3文字を採用したのは、横書きにしても片方からしか読めないことと、3文字は語呂(ごろ)もいいしネオンの場合でもスペースが少なくてもすむし、一定スペースの場合は大きく書けるという利点があるということで決めた。

<< >>
バックナンバー

この連載の一覧
著者プロフィール